多数の動物病院でその効果が認められた獣医療における最新の抗がん治療「分子標的治療」が、ご自宅で学べます

まずは、CT画像をご覧ください

CT画像

このCT画像は、ある抗がん治療を活用し、高い治療効果が得られたヨークシャテリア(避妊雌12歳)の症例です。主訴は、腹部から鼠径部にかけて皮膚全体に潰瘍病変が認められ、抗生剤やステロイド投与でも治療効果が得られなかったとのこと。

治験前の血液検査においてもリンパ腫に関連した異常値がみられ、本症例は、皮膚型T細胞性リンパ腫ステージⅣと診断されました。しかし、治験開始から4週目には潰瘍化した皮膚腫瘍は改善し、血液検査においても、ほとんどの項目で正常値を示したのです。

CT画像2

なぜ、このような
結果が得られたのか?

それは「分子標的治療」を活用したから。先生もすでにご存じだと思いますが、「分子標的治療」は現在の獣医療において、新たな抗がん治療として注目されています。もし、先生が犬猫の悪性腫瘍で新たな一手をお探しなら、今回の情報は必ず役立ちます。

日々進歩し続ける、
悪性腫瘍への治療技術

悪性腫瘍は、動物の命を脅かす病気です。また、多くの犬猫が悪性腫瘍にかかりますから、先生が獣医師を続ける以上、悪性腫瘍は避けてとおれない病気です。そのため、多くの獣医師がより良い治療技術を追い求めています。

とはいえ、これまでの治療では、できることに限りがありました。外科手術や従来の抗がん剤治療が動物にとって負担の大きい場合、または、これらの治療では効果が得られなかった場合などは、代替療法や栄養療法などの緩和療法に頼らざるを得ない状況がありました。

もっと、他にできることは
ないだろうか?

悪性腫瘍で従来の治療法に限界を感じた獣医師の多くが、このように悩んでいました。ですが、2014年。「分子標的薬」の「トセラニブ」が獣医業界で発売されることにより、犬猫の悪性腫瘍治療が、大きく変わりはじめます。

「分子標的治療」は、人医療において1990年代後半から使用され、優れた効果が確認されている抗がん治療です。「分子標的薬」は、従来の化学療法と比較して副作用が少ないため、従来の抗がん治療が難しい犬猫にとって、とても有益です。

さらに、イマチニブの場合は、使用前に薬剤の有効性を予測することも可能です。「この新たな抗がん治療が、ついに獣医療でも一般的になるのか!」と、多くの獣医師が期待に胸を膨らませましたが…

「分子標的治療」を使いこなせる
獣医師は、まだ少ない

人医療で15年以上の歴史を持つ「分子標的治療」。その優れた治療効果は、多くの症例で認められています。ですが、獣医療では、まだまだ歴史の浅い治療法であるため、犬猫への抗がん治療法として、適応、効果、副作用など、不明な点が多々あります。

犬猫の分子標的治療における詳細な報告はめったにみられませんし、教科書もありません。つまり、「獣医療向けの分子標的治療」を学べる機会は、ほとんどないのです。そのため、「分子標的治療」を使いこなせる獣医師は、ほとんどいません。

今回、このような状況を解決するために、山崎先生を講師にお迎えし、「犬猫の分子標的治療」が学べるセミナーDVDを制作しました。山崎先生は「犬猫の分子標的治療」において、多くの臨床実績を持つ癌治療のスペシャリストです。

山崎 裕毅

山崎 裕毅
鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院特任助教。人医療から最新の抗がん治療の知識・技術を学び、獣医療へ臨床応用してきた癌治療のスペシャリスト。研究者でありながら、大学附属動物病院で臨床家としても活躍。これまでに診た腫瘍疾患は2,800件以上。「犬猫の分子標的治療」において、多くの臨床実績を持つ。

■所属
・2015年10月~ 日本獣医麻酔外科学会
・2015年10月~ 日本獣医がん学会
・2015年10月~ アメリカ獣医内科学会 (ACVIM)
・2015年10月~ アメリカ獣医がん学会 (VCS)
・2015年10月~ 日本獣医師会
■執筆
1. 犬の組織球性肉腫におけるsurvivinの機能解析と治療開発への
  基礎的研究.
  JVM獣医畜産新報. 2014年 Vol67
2. 犬の組織球性肉腫における遺伝子診断法. 小動物腫瘍科専門誌
  Veterinary Oncology. 2016年 Vol9
3. 縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例.
  小動物腫瘍臨床Joncol. 2016年 Vol20
4. トセラニブを用いた犬の腫瘍治療の現状.
  小動物臨床総合誌J-VET. 2016年 Vol3
5. 犬の副腎腫瘍における臨床的および外科的アプローチ.
  小動物臨床総合誌J-VET. 2016年Vol4
6. 化学療法に関連した敗血症の予防と対策. 獣医臨床総合誌
  CLINIC NOTE. 2016年 Vol135
7. 犬の脾臓血管肉腫に対する術後メトロノミック療法. 獣医臨床総合誌
  CLINIC NOTE. 2017年Vol140
■受賞
1. 日本小動物獣医学会・北海道獣医師会長賞 受賞(2010年)
2. 日本小動物獣医学会・北海道地区学会長賞 受賞(2011年)
3. 日本獣医内科学アカデミー JCVIM研究アワード 受賞(2014年)
4. 日本小動物獣医学会・九州地区フロアー賞 受賞(2015年)
■講演
1. 第88回獣医麻酔外科学会. 2014年6月
2. 第11回鹿児島大学小動物臨床フォーラム. 2015年3月
3. 鹿児島小動物臨床研究会. 2015年11月
4. 北海道九州動物臨床ジョイントシンポジウム. 2016年1月
5. 第12回鹿児島大学小動物臨床フォーラム. 2016年2月
6. 北九州獣医師会小動物講習会. 2016年3月
7. 第13回鹿児島大学小動物臨床フォーラム. 2017年2月
8. 鹿児島県小動物臨床検討会. 2017年2月

症例をもとに、
犬猫の分子標的治療が学べる

今回のDVDは、下記3つの構成に分かれます。

1、抗癌剤の有害作用を管理
2、抗癌剤治療の現状
3、分子標的治療の現状

犬猫に対する一般的な抗がん治療や「最新の分子標的治療」「化学療法の新知見」など、臨床に役立つ実践的な情報をお伝えします。どれも、一般的なセミナーでは学べないことばかり。

症例をもとに犬猫の分子標的治療が学べるだけでも、かなり貴重です。「分子標的治療」を正しく活用できるようになると、先生は、犬猫の悪性腫瘍症例で、もっと進んだ治療を提供できるようになります。

実際に、従来の抗がん治療では効果が得られなかったケースで、「分子標的治療」を活用し、優れた結果を得られた事例も多々あります。

山崎先生のもとには、複数の動物病院から分子標的治療で主要疾患の症状が緩和された報告が、多数届いています。ぜひ、このセミナーDVDから、悪性腫瘍治療の新たな一手を手に入れてください。

山崎先生のメッセージ

犬猫の日常診療の中で、悪性腫瘍は多く遭遇します。その治療法は日々進歩しています。

悪性腫瘍の特徴として、無秩序な細胞増殖や転移・浸潤などがありますが、これらに関与する分子メカニズムのひとつであるチロシンキナーゼ受容体(RTKs:Recept or TyrosineKinases)に着目した治療薬が使用されてきています。

RTKsは細胞外領域における成長因子受容体で、細胞外から細胞内への増殖シグナルの伝達を担うことで生存機能を調整していますが、多くの腫瘍細胞ではRTKs が高発現していることがわかっています。

人医療ではRTKsを阻害する分子標的治療薬が数多く存在し、臨床応用されていますが、獣医療においては小動物に承認されたRTKs阻害剤は限定的であり、イマチニブ(商品名:グリベックまたはビーナット)、トセラニブ(パラディア)およびマシチニブ(マシベット)が挙げられます。

今回は、実際に犬猫の診療で使用される抗がん治療について、最新の論文と共にご紹介したいと思います。

山崎 裕毅
鹿児島大学 共同獣医学部附属動物病院 特任助教

最先端
抗がん治療テクニック

犬猫における「分子標的治療」の実際

Disc1「抗癌剤の有害作用を管理」

Disc2「抗癌剤治療の現状」

~~リンパ腫~~

~~肥満細胞腫~~

~~膀胱移行上皮癌~~

Disc3「分子標的療法の現状」

セミナーレジュメをプレゼント

冊子

DVDに収録された山崎先生の講義がまとめられた、セミナーレジュメをお渡しいたします。

DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。


もっと多くの動物を救いたい先生へ

悪性腫瘍は、動物の命を脅かす病気で、多くの犬猫が疾患します。先生が獣医師を続ける以上、悪性腫瘍は避けてとおれない病気ですが、その治療は難しく、これまでの外科手術や抗がん治療だけでは、どうにもならないケースが多々ありました。

「もっと、他にできることはないだろうか…」と、先生も悩んだことはありませんか? 今回のセミナーDVDで学べる「分子標的治療」は、そんな先生にとって新たな一手となります。

実際に、従来の抗がん治療では効果が得られなかったケースで、「分子標的治療」を活用し、優れた結果を得られた事例も多々あります。

山崎先生のもとには、複数の動物病院から分子標的治療で主要疾患の症状が緩和された報告が、多数届いています。先生も、山崎先生から「犬猫の分子標的治療」を学び、もっと多くの動物の命を救いませんか?

「本当に、納得いく内容なのか?」
と思われた先生へ、60日間全額
返金保証をお付けします

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない…」「内容を理解できるか不安だ…」「期待にそえる教材なのか?」など、思われた場合もご安心ください。

なぜなら、DVD教材の内容に、ご納得できなければ返金させていただくからです。60日間、じっくりとDVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。

返金保証が付いている、獣医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。

安心60日間完全満足保証

お急ぎください
初回在庫には限りがございます

「分子標的治療」は、多くの獣医師が興味を持っている治療技術です。しかし、学べる機会は、めったにありません。今回のDVDは、勉強熱心な先生を中心に、多くの方からお求めいただくでしょう。

少しでもご興味がございましたら、在庫がなくなる前に、今すぐお申込みください(初回100セット)。また、DVDリリースキャンペーン価格での販売は、3月31日まで。4月1日以降は、定価の39,980円 に戻りますので、この機会をお見逃しなく。

最先端! 抗がん治療テクニック
最先端! 抗がん治療テクニックDVD

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD3枚組(計113分)
  • 特典冊子
教材内訳
  • 3セクション(計113分)
  • 特典冊子(PDFダウンロード)
販売価格 39,980円(税込43,978円) 価格 販売価格 39,980円(税込43,978円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。つまり、先生は、ご自身の買い物が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。今回のDVD教材を手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、注意点があります。この価格(DVDリリースキャンペーン価格)での販売は、3月31日まで。4月1日以降は、定価の39,980円に戻ります。DVDの初回在庫には限りがありますので、お申込みは今すぐ(初回100セット)。

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD3枚組(計113分)
  • 特典冊子
教材内訳
  • 3セクション(計113分)
  • 特典冊子(PDFダウンロード)
販売価格 39,980円(税込43,978円) 価格 販売価格 39,980円(税込43,978円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。