なぜ、この「7つの主訴」の診療アプローチを覚えるだけで9割の腎泌尿器疾患に対応できるのか?

なぜ、この「7つの主訴」の診療アプローチを覚えるだけで9割の腎泌尿器疾患に対応できるのか?


“2023年の重要な更新をわかりやすく学べます”

こんな先生にオススメです

犬猫ともに死亡原因の上位ですが…

犬猫ともに死亡原因の上位ですが…

犬猫の長寿化にともない、腎臓病に罹患する症例が増えています。

近年では、犬の死亡原因としてガン、心臓病に続く第3位。猫においては、ガンに続く第2位が腎不全です。

腎臓を含めた泌尿器系の疾患は、犬猫ともに年齢に関係なく発症しますが、7歳を超えたころから発症率が高くなる傾向があります。

腎泌尿器疾患が怖いのは、重症化すると生命にかかわる病気だということ。しかし、早期に発見、治療できれば病気の進行を遅らせ、長期的に良好なQOLを維持できます。

そのため、ホームドクターには、適切な診療技術が求められますが…

「腎泌尿器疾患診療」に自信がありますか?

「腎泌尿器疾患診療」に自信がありますか?

腎臓病のもっともポピュラーな症状といえば、「多飲多尿」です。しかし、多飲多尿を症状とする病気は、腎臓病の他にもたくさんあります。

事実、多飲多尿を主訴に来院した腎臓病の犬を、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と誤診してしまうケースは珍しくありません。

また、治療においても、腎泌尿器疾患特有の難しさがあります。

たとえば、腎泌尿器疾患の治療では、一般的に食事療法や点滴、水分摂取量のコントロールなどがおこなわれます。

しかし、これらの治療をおこなっても、思うように症状が改善しないケースも多いのです。もしかしたら、先生も治療に悩んだ経験があるかもしれませんが…

どう診療すればいいのか?

どう診療すればいいのか?

腎泌尿器疾患は罹患率が高く、犬猫の死亡原因の上位にランクインする病気です。

ホームドクターがその診療技術を学んでいれば、もっと多くの腎泌尿器疾患症例を早期発見、治療できると思いませんか?

「でも、どうやって診療すればいいのか?」と思われたとしても、ご安心ください。

なぜなら今回、最新の腎泌尿器疾患診療をわかりやすく学べるプログラムをご用意いたしました。講師は、日本獣医生命科学大学の宮川優一先生です。

宮川優一 先生
宮川優一 先生
宮川優一 先生
【プロフィール】
日本獣医畜産大学獣医学部獣医学科を卒業した後、2010年に日本獣医生命科学大学大学院で犬および猫の慢性腎臓病の早期診断の研究で博士(獣医学)号を取得。2011年より、日本獣医生命科学大学 獣医高度医療学教室助教に着任。同時に本学付属動物医療センターで腎臓科、循環器科を担当する。現在は、日本獣医生命科学大学 獣医内科学研究室第二 准教授を務める。

【講演】
・JBVP年次大会2013-2019(腎泌尿器に関して)
・WJVF年次大会2015, 2017-2019(腎泌尿器に関して)
・JBVPレクチャーシリーズ2015, 2018(いずれも腎臓病関係)
・動物臨床医学会年次大会2014, 2015, 2017, 2018
(いずれも腎臓病関係)
・日本獣医循環器学会 (春季合同学会) 2015, 2019
(いずれも腎臓病関係)
・獣医内科学アカデミー 2010, 2011, 2013, 2016-2019
(いずれも腎臓病関係)
など

宮川先生に腎泌尿器疾患を学ぶべき「5つの理由」

宮川先生に腎泌尿器疾患を学ぶべき「5つの理由」

理由①
国内トップクラスの臨床数を誇る
「腎泌尿器科専門医」の診療技術

日本獣医生命科学大学の准教授であり、同大学付属動物医療センターの腎臓科を担当する宮川先生。

実は、「腎臓科」のある病院は、日本獣医生命科学大学付属動物医療センターを含め、全国にたった3ヶ所しかありません。

専門の診療科があるということは、それだけ全国からさまざまな症例が来院するということ。つまり、腎臓科を担当する宮川先生の対応症例数は、国内トップクラスと言えます。

今回、先生が学べるのは、膨大な腎泌尿器疾患症例を診てきた宮川先生だからこそわかる、品種ごとの知られざる傾向や、ほとんどの獣医師が知らない治療推奨です。

本教材は、国内にわずか数人しかいない「腎泌尿器科専門医」が、ホームドクターが学んでおくべき診療技術をわかりやすく解説してくださった貴重な教材です。

理由②
2023年時点の最新情報をわかりやすく解説
(重要なガイドラインの改定も…)

今回の動画セミナーでは、まず、ホームドクターが押さえておくべき腎泌尿器疾患診療の「最新情報」から解説します。

さまざまな情報がありますが、とくに重要なのが2023年のIRIS CKDガイドラインの改定です。このガイドラインは、犬猫の慢性腎臓病の各ステージごとに推奨する治療が提示されており、日本国内でも多くの獣医師が参考にしています。

実は、2023年のIRIS CKDガイドラインの改定により、治療推奨に変更が加えられたのです。つまり、今までの治療法は、もう古い治療法になっているということ。

“CKD治療をするなら、必ず知っておくべき情報です” “CKD治療をするなら、必ず知っておくべき情報です”

これは、全ホームドクターが押さえておくべき重要な変更ですが、新しい情報のため、まだほとんどの獣医師がご存じありません。

動画セミナーでは、IRIS CDKガイドライン改定の他にも、犬猫の腎泌尿器疾患診療の成功率をアップさせる最新情報をたくさんお伝えしています。

理由③
あらゆる症例に対応できる
「主訴ごとの適切な診療アプローチ」を習得

本教材は、最新の腎泌尿器疾患診療をわかりやすく学んでいただくため、構成に少し工夫を加えました。

その工夫とは、遭遇する機会の多い主訴をランク付けし、主訴ごとの診療アプローチを学べることです。

たとえば、主訴ランキングの第2位に「血尿をくり返す」症状があります。これは、とくに猫に多く、血液検査や画像検査に異常がないにもかかわらず、血尿をくり返すことが特徴です。

血尿は、猫の下部尿路疾患(FLUTD)の代表的な症状ですが、下部尿路疾患の55%はハッキリとした原因のわからない「特発性膀胱炎(FIC)」と言われています。

では先生は、どうやってFICを治療すればいいのか、ご存じでしょうか?

実は、FICの治療を成功させる一番のポイントは、食事療法や薬物療法ではなく、「ストレス源の除去」なのです。

ストレス源を除去できない限り、他のどんな治療をしても改善しなかったり、再発をくり返すことになりますので注意しなくてはなりません。

“動画セミナーでは、ストレス源を特定する方法も詳しく解説します” “動画セミナーでは、ストレス源を特定する方法も詳しく解説します”

今ご説明したのは、「血尿をくり返す」症例に対する診療アプローチの一例ですが、今回は、「主訴ランキングTOP7」と題して、

これらの主訴ごとの適切な診療アプローチを詳しく学んでいきます。主訴ベースで解説しますので、日々の臨床で困ったときに、知りたい内容だけ見返して活用することもできます。

理由④
治療が奏功しない場合の次の一手がわかる

腎泌尿器疾患の治療といえば、食事の変更や点滴、水分摂取量のコントロールなどが一般的です。

しかし、実際に腎泌尿器疾患の症例にこれらの治療をおこなっても、思うように症状が改善しなかったり、逆に症状が悪化してしまうケースも多々あります。

もしかしたら、先生も似たような経験があるかもしれません。

このようなケースも、治療が奏功しない場合の「次の一手」をもっていれば、慌てることはなくなりますよね。

今回の動画セミナーでは、食事の変更や点滴で改善しない場合の対処法も詳しくご説明しますので、治療の幅を大きく広げることができます。

理由⑤
合併症や併発疾患を見逃さない
「新しい視点」が得られる

腎泌尿器や循環器をはじめとする内科疾患には、たくさんの種類の病気があります。その病気を正しく診断するには、当然、適切なアプローチを知っていなければなりません。

つまり、腎泌尿器疾患は、とても頭を使う病気であるということ。単眼的な一つの診察パターンだけでは、誤診や見落としのリスクが高くなるので注意が必要です。

たとえば、2019年に発表されたある論文をみると、蛋白尿を示す52頭の犬を調査した結果、約52%の症例が高血圧を合併していたと報告されています。

また、ヨークシャーテリアは、蛋白尿に慢性腸症(漏出性腸症)を併発する確率が相当高いため、必ず頭に入れて診察することが重要です。

宮川先生に腎泌尿器疾患を学べば、このような合併症や併発疾患を見逃さない「新しい視点」をたくさん得られます。

“多角的な視点で疾患を捉えられるようになります” “多角的な視点で疾患を捉えられるようになります”

他にも、宮川先生から腎泌尿器疾患診療のポイントをたくさん学べる今回のプログラム。その一部をご紹介すると…

ホームドクター必見!腎泌尿器疾患主訴ランキングTOP7

ホームドクター必見!腎泌尿器疾患主訴ランキングTOP7

<宮川先生からメッセージです>

さらに腎泌尿器疾患の学びを深めるWebセミナーに無料招待します

さらに腎泌尿器疾患の学びを深めるWebセミナーに無料招待します

本教材は、ご購入者限定のプレゼントをご用意しました。

それは、2023年10月27日(金)に開催される「宮川先生のWebセミナーへの無料ご招待」です。

テーマは、「令和5年最新版 腎泌尿器疾患アップデート」です。

近年、腎泌尿器疾患診療は、新たな発展をみせています。教材本編でも取り上げている2023年のIRIS CKDガイドラインの改定は、近年の重要な変更の一つと言えます。

他にも、新しい研究報告や治療推奨など、より良い治療を提供する上で欠かせない知見もたくさんあります。

今回、先生をご招待するWebセミナーでは、このような現時点で最新となる腎泌尿器疾患診療のポイントをわかりやすく学べます。

当日は、本教材をご覧いただき、わからなかった点も宮川先生に質問することができます。今回のウェブセミナーに無料で参加できるのは、本教材のご購入者のみです。ぜひ、本教材と合わせ、腎泌尿器疾患診療を極めてください。(※アーカイブ配信は予定しておりません。Webセミナーのご案内は、後日メールにてご連絡させていただきます。)

他にも「2つの特典」をプレゼント

今回は、Webセミナーの他にも2つの特典をご用意しました。

1. 猫のストレス源を特定するアンケート

猫の特発性膀胱炎(FIC)治療における最重要ポイントは、「ストレス源の除去」です。しかし、どうやってストレス源を特定するのか、わからないかもしれません。そんなときに役立つのが、このアンケートです。飼い主さんに質問項目にご回答いただくだけで、煩わしいストレス源の特定がスムーズになります。

2. 動画セミナーで使用したレジュメ

今回も、セミナーで使用したレジュメをプレゼントします。これまでのレジュメは、DVD版がモノクロの冊子、VOD版は印刷の不可のPDFでお渡ししていました。しかし、今回のレジュメは、印刷可能なPDF形式でお渡しします。印刷したレジュメを用意しながらセミナー動画をみれば、大事なポイントを漏らすことなく腎泌尿器疾患診療のポイントを学べます。ぜひ、ご活用ください。

腎泌尿器疾患診療を学びこんな結果を手に入れませんか?

腎泌尿器疾患診療を学びこんな結果を手に入れませんか?

「本当に、納得いく内容なのか?」と思われた先生へ、60日間返金保証をお付けいたします(ネット配信版は対象外)

「本当に、納得いく内容なのか?」と思われた先生へ、60日間返金保証をお付けいたします(ネット配信版は対象外)

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない」「内容を理解できるか不安だ」「期待にそえる、教材なのか?」など、思われた場合もご安心ください。なぜなら、プログラムの内容に、ご納得できなければ返金させていただくからです。

60日間、じっくりと、ご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。

返金保証が付いている、獣医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースする最新プログラムへの自信そのものです。

安心60日間完全満足保証

もっとたくさんの犬猫の良好なQOLを維持するために…

もっとたくさんの犬猫の良好なQOLを維持するために…

高齢の犬猫が増え続けている今、腎泌尿器疾患を適切に診療できる病院が求められています。

食事療法や点滴、水分摂取量のコントロールで症状が改善すれば良いのですが、うまくいかない症例も少なくありません。

今回、宮川先生に学べる腎泌尿器疾患診療は、このような治療が奏功しない症例への対処法も解説しています。

また、本教材は主訴ごとの最適な診療アプローチが学べますので、日々の臨床で困ったときに、「知りたい内容だけ」を見返すこともできます。

ぜひ、お手元に本教材を置いておき、診療に役立ててください。

今まで以上にたくさんの腎泌尿器疾患症例を救い、良好なQOLを維持できるようになることをお約束します。

ホームドクター必見!「腎泌尿器疾患主訴ランキングトップ7」 ホームドクター必見!「腎泌尿器疾患主訴ランキングトップ7」

視聴方法を選べます

DVD版で申込む FAX申込みはコチラ(代引のみ)

教材内訳

  • DVD2枚組(本編219分)(計219分)
  • レジュメ(53ページ/PDFダウンロード形式)+特典資料(PDF)+Webセミナー無料参加権

価格

販売価格 45,980円
(税込50,578円)

返金保証

あり(購入後60日間)

特記事項

  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
教材内訳
価格
返金保証
特記事項
ネット配信版で申込む ※クレジット決済のみ

教材内訳

  • 3セクション(計219分)
  • レジュメ(53ページ/PDFダウンロード形式)+特典資料(PDF)+Webセミナー無料参加権

価格

販売価格45,980円
(税込50,578)円

返金保証

商品特性上なし

特記事項

  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。

つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。今回の教材を手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、DVD在庫には限りがあるのでご注意ください。ご興味をもたれましたら今すぐお申し込みください。

視聴方法を選べます

DVD版で申込む FAX申込みはコチラ(代引のみ)

教材内訳

  • DVD2枚組(本編219分)(計219分)
  • レジュメ(53ページ/PDFダウンロード形式)+特典資料(PDF)+Webセミナー無料参加権

価格

販売価格 45,980円
(税込50,578円)

返金保証

あり(購入後60日間)

特記事項

  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
教材内訳
価格
返金保証
特記事項
ネット配信版で申込む ※クレジット決済のみ

教材内訳

  • 3セクション(計219分)
  • レジュメ(53ページ/PDFダウンロード形式)+特典資料(PDF)+Webセミナー無料参加権

価格

販売価格45,980円
(税込50,578)円

返金保証

商品特性上なし

特記事項

  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

ボタン
ボタン