CKDの治療推奨、食事療法の考え方に「こんな大きな変更」があったのに知らないまま古い治療をし続けるのはリスクが高いと思いませんか?

From:〇〇
日付:2024年5月12日12:00

※慢性腎臓病(CKD)の診療に自信がありますか?

高齢猫の死亡原因の第1位は、「慢性腎臓病(CKD)」です。10歳以上の猫の30~40%、15歳以上になると81%の猫が罹患するとの研究報告もある、猫の宿命とも言える病気です。

日常臨床で遭遇する機会も多い病気ですので、もちろん先生も、これまでにCKDの診療技術を学んでこられたと思います。

では先生は今、自信をもってCKDの診療ができていますか?

CKDには、世界標準とされる「IRIS CKDガイドライン」があります。

犬猫のCKDの診断、ステージング、治療推奨がまとめられていますので、きっと先生も参考にされていると思います。

しかし、ガイドライン通りに診断、治療をしても病気がどんどん進行してしまうケースも多いと聞きますが…

宮川 優一 先生
宮川 優一 先生
宮川 優一 先生
【プロフィール】
日本獣医畜産大学獣医学部獣医学科を卒業した後、2010年に日本獣医生命科学大学大学院で犬および猫の慢性腎臓病の早期診断の研究で博士(獣医学)号を取得。2011年より、日本獣医生命科学大学 獣医高度医療学教室助教に着任。同時に本学付属動物医療センターで腎臓科、循環器科を担当する。現在は、日本獣医生命科学大学 獣医内科学研究室第二 准教授を務める。

【経歴】
・JBVP年次大会2013-2019(腎泌尿器に関して)
・WJVF年次大会2015, 2017-2019(腎泌尿器に関して)
・JBVPレクチャーシリーズ2015, 2018(いずれも腎臓病関係)
・動物臨床医学会年次大会2014, 2015, 2017, 2018
【脳腫瘍の外科】吻側テント開頭術/SURGEON
(いずれも腎臓病関係)
・日本獣医循環器学会 (春季合同学会) 2015, 2019
(いずれも腎臓病関係)
・獣医内科学アカデミー 2010, 2011, 2013, 2016-2019
(いずれも腎臓病関係)
など

※なぜ、ガイドライン通りの治療が奏功しないのか?

「ステージ2の猫に療法食を与えたら、高カルシウム血症になってしまった」「リン吸着剤を投与しても、なぜか血中リン濃度が低下しない」「皮下補液をしても、思うように脱水が改善しない」など、先生はこんな経験はありませんか?

これらは、CKD治療で多くのドクターが経験するトラブルです。でも、なぜガイドラインで推奨される治療をしても、上手くいかないケースが多いのでしょうか?「わかったつもり」で、正しく実践できていない可能性も考えられるでしょう。

しかし、正しく実践しても改善しないケースもあるのです。それは、数年ごとにアップデートされるガイドラインの治療推奨を知らないまま古い治療をしたり、基礎となる腎疾患の治療ができていないケースです。

※最新のCKD診療にアップデートしませんか?

本教材のテーマは、「慢性腎臓病(CKD)2024アップデート」です。最新の治療法を取り入れたいけれど、なかなか勉強する時間を作れない先生のため、「ホームドクターが押さえておくべき最新情報」を宮川先生がわかりやすく解説してくれます。

約2時間の動画セミナーでは、2023年に改定されたIRIS CKDガイドラインの変更点はもちろん、「どうやって臨床に落とし込めばいいのか?」、その具体的な方法もお伝えします。

また、ガイドラインでは言及されていない「基礎となる腎疾患がある症例への対応」も、宮川先生のわかりやすい解説で学べます。

「わかったつもり」で終わらせず、「実践できる」ところまで丁寧に解説していますので、高いQOLを維持しながら、いま以上にCKD症例の生存期間を伸ばせるようになります。

動画セミナーで語られる内容を「知っているかどうか?」で、CKD症例の生存期間は大きく変わります。

慢性腎臓病ストラテジーメソッド

追伸

5月17日(金)12:00にお申し込み専用ページをご案内しますので、
今しばらくお待ちください。