※ある動物病院に
来院したトイプードル

初診時は脇の際に小さな脱毛があっただけでした。診断の結果、トイプードルの飼い主さんはその動物病院の獣医から、外用薬を塗るように指示されました。その結果が下の写真です…。

その結果が下の写真です…。

飼い主さんは、その獣医さんの指示を信じて、外用薬を塗り続けました。その結果がこれです。トイプードルに外用薬を塗り続けることで、皮膚が菲薄化して、ツルツルになってしまいました。

このような動物たちが転院してくる動物病院が京都にあります。

※「串田動物病院に通ったら、
治った」

串田動物病院に転院してきた飼い主さんたちは、口をそろえてこのように話します。串田動物病院では、来院の約40%が皮膚病や外耳炎です。

この病院には、他院から転院してくる皮膚病の動物が後を絶ちません。そして、多くの症例が、3ヶ月~半年で治ってしまうのです!

※動物の皮膚病を
「悪化させる獣医師」
「あっという間に完治させる獣医師」

その違いは、何でしょうか? その違いは、ちょっとしたことです。

串田先生に、あてずっぽうの治療ではなく、適切な治療をおこなうための検査手順をお聞きしました。この3ステップです。

①なるべく初診日に直接検査を行う

②必要ならば抗生物質の感受性検査を実施する

③検査により診断がつけば、治るのか、治らないのか、おおよその治療期間などを飼い主さんに説明する

アレルギー性の疾患なのか? 感染症なのか? 判断できれば、適切な治療を行うことができます。

※皮膚病や外耳炎における
こんな検査法と診断方法が学べます

※先生を頼ってくる
飼い主さんの期待を
裏切らないためにも…

先生もご存じのとおり、皮膚病は来院が多い疾患です。また、転院率もナンバーワンと言われています。それだけ、飼い主の悩みも深く、皮膚病の治療は難しいわけです。

ですが、今回お伝えした「串田動物病院」の皮膚病の検査、診断法を学べば、先生は、動物に適切な治療をしてあげることができます。飼い主さんにも自信を持って、皮膚病の診断結果、治療経過を説明することができるようになります。

ぜひ、この機会に、真菌学の裏付けがある、皮膚病の検査、診断法を学びより多くの動物を救い、1人でも多くの飼い主を安心させてあげてください。そして、「皮膚病なら、あの先生が一番」と、地域に評価される病院を目指しませんか?