なぜ、標準治療が適用されず死期を迎えるだけの「がん患者」が通常の生活を送りながら生存期間を延長できたのか…?

動物の高齢化時代に
飼い主さんが求める治療技術

これからの獣医療を考えるうえで、「伴侶動物の高齢化」は無視できないテーマです。

小動物の慢性疾患の予防や良質なフードの開発、治療技術の発展により、今後もますます高齢の動物が増え続けることが予想されます。

それに伴い、獣医師の先生には高齢動物に対する幅広い治療技術が求められることは言うまでもありません。先生も、日々最新の技術を学び、より良い治療を提供できるよう努力されているはずです。

しかし、これだけ治療技術が進歩したにもかかわらず、「ある病気」の動物は満足のいく治療を受けられないまま死期を迎えている現実があります。

それは、「がん患者」です

がんの治療法と言えば、外科療法、化学療法、放射線療法などの標準治療が一般的です。

これらの治療法を組み合わせ、がんの治療に取り組んでいくのですが、高齢の動物には副作用のリスクが高過ぎるため適用されないケースも多々あります。

また、外科治療においては、全身麻酔下で体の一部を切除することから、「できるなら選択したくない」と考える飼い主さんもたくさんいます。

つまり、飼い主さんの心情を汲み取りながら、できる限りの治療をおこなう必要があるということ。これは本当に難しい問題です。

しかし、高齢動物が増え続ける今、末期がんや悪性腫瘍など治療法のない病気であっても、入院や副作用に苦しむことなく、できる限り長く、通常どおりの生活が送れる治療が求められていることは間違いありません。

「そうは言っても、具体的に何ができるのか?」と、思うかもしれませんが…

目覚ましい発展を続ける
犬のがん治療

2014年、犬のがん治療は大きな転機を迎えました。

獣医療における「分子標的治療」が、新たなステージに入ったのです。

日本初の犬用分子標的薬である「トセラニブ(商品名:パラディア)」が承認、発売されたのは、先生も記憶に新しいと思います。

分子標的治療は、人医療において20年近い歴史があります。それまで主流だった標準治療、緩和療法に加わるがん治療の新たなアプローチとして研究され、その優れた治療効果は多くの症例で報告されています。

そのため、犬用の分子標的薬の登場は、獣医療業界に大きなインパクトを与えることになりましたが…

「抗がん剤治療」と「分子標的治療」の違い

先生は、その決定的な違いをご存じですか?

通常おこなわれる抗がん剤治療は、最大耐用量を投与し、短期間でがん細胞を死滅させる方法が基本です。

しかし、この方法には大きな問題点があります。

それは、投与された抗がん剤は、がん細胞も正常細胞も分裂が盛んな細胞であれば手当たり次第に攻撃を仕掛けること。つまり、がん細胞が先に死ぬか、正常細胞が先に死ぬかという我慢比べのような治療なのです。

そのため正常細胞がボロボロになるまで攻撃された結果、重篤な副作用を引き起こすケースもめずらしくありません。

一方の分子標的薬がターゲットにするのは、「主にがん細胞」です。

がん細胞を狙い撃ちすることで、抗がん剤治療よりも副作用が小さく、外科療法や化学療法、放射線療法の適用されない高齢の患者にも使用できることが最大のメリットです。両者の違いをわかりやすくしたのが、下の図になります。

分子標的薬は、がん細胞を狙い撃ちすることで副作用のリスクを低下させます
“分子標的薬は、がん細胞を狙い撃ちすることで副作用のリスクを低下させます”

副作用のリスクが低く、標準治療が適用されない症例にも使える犬用の分子標的治療は、「飼い主さんが待ち望んでいた治療法」と言っても大げさではありません。

この先、動物の高齢化が進むにつれ重要度の高まる治療法ですが、こちらにもひとつだけ「大きな問題点」があります。

それは、分子標的治療の適用例や副作用に対する正しい対処法など、臨床獣医師が知っておくべきポイントが、いまだ成書で明らかにされていないこと。

つまり、「学びたくても学べない」状況にあるのです。そのため、分子標的治療を使いこなしている獣医師の先生は、まだそれほど多くありません。

そこで今回、私たちはこの問題を解決するため、分子標的治療の基礎から具体的な症例、副作用への対処法まで学べるDVD教材を制作しました。

講師は、小動物の分子標的治療において多くの実績を持つ、がん治療のスペシャリストである山﨑裕毅先生です。

山﨑 裕毅先生
山﨑 裕毅先生
日本大学 生物資源化学部 獣医学科卒業後に北海道大学 獣医外科学研究室で学位を取得。大学院在学中に腫瘍遺伝診断と分子標的療法の研究において優秀な成果を収める。現在も、獣医臨床腫瘍学及び腫瘍分子生物学に従事し、これらを専門とした大学教育、臨床業務ならびに研究活動を担当している。

■所属
・2015年10月~ 日本獣医麻酔外科学会
・2015年10月~ 日本獣医がん学会
・2015年10月~ アメリカ獣医内科学会 (ACVIM)
・2015年10月~ アメリカ獣医がん学会 (VCS)
・2015年10月~ 日本獣医師会
■執筆
・犬の組織球性肉腫におけるsurvivinの機能解析と治療開発への基礎的研究
 JVM獣医畜産新報. 2014年 Vol67
・犬の組織球性肉腫における遺伝子診断法 小動物腫瘍科専門誌
 Veterinary Oncology. 2016年 Vol9
・縦隔型T細胞性リンパ腫を呈した若齢犬の1例
 小動物腫瘍臨床Joncol. 2016年 Vol20
・トセラニブを用いた犬の腫瘍治療の現状
 小動物臨床総合誌J-VET. 2016年 Vol3
・犬の副腎腫瘍における臨床的および外科的アプローチ
 小動物臨床総合誌J-VET. 2016年Vol4
・化学療法に関連した敗血症の予防と対策 獣医臨床総合誌
 CLINIC NOTE. 2016年 Vol135
・犬の脾臓血管肉腫に対する術後メトロノミック療法 獣医臨床総合誌
 CLINIC NOTE. 2017年Vol140
■受賞
・日本獣医師会学術大会近畿地区(奨励研究賞受賞)2019年
・Certificate of Outstanding Certification in Reviewing
  (The Veterinary Journal)2018年
・日本獣医師会学術大会九州地区(フロアー賞受賞)2015年
・第10回日本獣医内科学アカデミー学術大会(研究アワード受賞)2014年
・日本小動物獣医学会 北海道地区大会(地区学会長賞受賞)2011年
・日本小動物獣医学会 北海道地区大会(獣医師会長賞受賞)2010年
■講演
・「肥満細胞腫とリンパ腫の治療戦略」
  日本獣医師会学術大会近畿地区教育講演 2019年10月
・「腫瘍内科医の視点から考える治療戦略」
 小動物臨床講習会(広島市獣医師会)2019年6月
・「トセラニブを用いた治療戦略」
  日本獣医がん学会(Zoetis主催ランチョンセミナー) 2019年1月
・「口腔内腫瘍の診断と治療」
  日本小動物歯科学研究会 2018年10月
・「口腔内腫瘍の診断と治療」
  小動物臨床講習会(京都府獣医師会)2018年8月
・「犬の肛門嚢腺癌に対する外科及び内科療法」
  鹿児島小動物臨床フォーラム 2018年3月
・「小動物の抗がん治療の現状」
  小動物臨床講習会(横浜市獣医師会)2017年10月
・「犬猫の抗癌治療の最新動向」
  小動物臨床講習会(京都府獣医師会)2017年6月
・「小動物の臨床腫瘍学」
  小動物臨床講習会(鹿児島県獣医師会)2017年3月
・「犬猫の分子標的療法の現状」
  鹿児島小動物臨床フォーラム2017年2月
・「化学療法の最新治療戦略」
  小動物臨床講習会(北九州市獣医師会)2016年3月
・「小動物の呼吸器腫瘍」
  鹿児島小動物臨床フォーラム2016年2月
・「犬リンパ腫の治療と診断」
  北海道九州動物臨床ジョイントシンポジウム2016年1月
・「犬と猫の化学療法」
  鹿児島小動物臨床研究会(鹿児島県獣医師会)2015年11月
・「小動物の口腔内腫瘍」
  鹿児島小動物臨床フォーラム2015年3月

分子標的治療の最前線

犬用の分子標的薬である「パラディア」の発売から5年が経過しました。発売当初は、獣医療を専門とした分子標的治療の情報はほとんどなく、人医療を基盤に独学で情報を集めながら経験と実績を積むしかありませんでした。

そのため、「興味はあるが、手がだせない」という先生もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

しかし5年が過ぎ、ようやく分子標的治療の症例、使用報告例、論文なども増えてきました。その結果、より安全で有用性の高い使用法が判明してきたのです。

たとえば…

パラディアの「投与量」を考えてみます

パラディアは通常、トセラニブとして「体重1kg当たり3.25mg」が承認薬用量とされています。

しかし、実際にこの承認薬用量で使用した場合、食欲不振や嘔吐、下痢などを頻発することが多くの症例からわかってきました。そのため承認用量の範囲内とはいえ、この用量で使用するときは注意しなくてはなりません。

また、承認薬用量より低用量でも、十分な治療効果が認められることもわかってきました。

「2.5mg/kg EOD」で使用した症例と「3.25mg/kg EOD」で使用した症例では、ほとんど同じ治療効果が得られたという結果もでています。

ですので、現在は承認薬用量である3.25mg/kg以下で使用するのが一般的です。

さらに今では、投与量によって標的範囲が変わることもわかっています。

具体的には、低用量で使った場合はVEGFR1&2、PDGFRα&β、KITなどを標的として攻撃し、高用量の場合はRETをメインに攻撃するのです。

ただし、「どの症例に低用量で使うのか」「どの症例に高用量で使うのか」という答えは、5年が経過した今も明確な答えがありません。

そのため実際の治療においては、安全性の高い低用量での使用を優先的に考えていく必要があります。

また、分子標的治療は従来の抗がん剤治療に比べると重篤な副作用のリスクはかなり低いのですが、決して副作用がゼロというわけではありません。

「それなら、分子標的治療もがん治療の決定打にはならないのでは?」と思うかもしれませんが…

副作用は必ずしもリスクではない

まず、以下のグラフをご覧ください。

グラフ

これは犬の腺癌48例から、血圧と好中球数の変化が生存期間にどう影響するかを山﨑先生が実際に調査したものです。

左のグラフの赤で示しているのが「パラディアを投与して血圧が98以下の症例」です。もう一方の青で示したものが「血圧が98以上の症例」になります。

このグラフから、パラディアを投与して血圧が上昇した症例からは、生存期間の延長が認められたことがわかります。

また右のグラフは、同じように好中球数を比較したものです。好中球が減少した青の症例は、あまり減少しなかった赤の症例と比べて生存期間が有意に延長していることがわかります。

この結果から言えることは、副作用は必ずしもリスクではないということ。

ある程度の副作用がみられるということは、その反面、治療効果があらわれているひとつの証拠。つまり、パラディアの投与による好中球数の減少は、抗腫瘍効果があらわれている証拠と言えるのです。

大事なことは、分子標的治療による副作用の種類と正しい対処法を把握しておくこと。そうすることで、分子標的治療はより安全に、高い治療効果を発揮できるのです。

分子標的治療のよくある悩みも
「Q&A形式で解決

分子標的治療を取り入れようとしたとき、多くの先生が悩む問題があります。

たとえば、トセラニブを投与するタイミングや休薬期間、他の薬剤との併用などです。今回は、これらの問題も、具体的な症例を見ながら解決できます。

以下に、Q&A形式で解決できる問題の一例をご紹介します。

  • トセラニブを投与するベストなタイミングは?
  • 小型犬には、どう投与すればいいのか?
  • 液状や粉末など、錠剤の形状を変えてもいいのか?
  • 休薬期間と再開時期は、どう決定すればよいのか?
  • MCT(肥満細胞腫)の術前投与は有効なのか?
  • 放射線治療と併用するときの注意点は?
  • 副作用か判断できないときは、どうすればいいのか?
  • トセラニブ投与前にKIT検査は必要なのか?
  • トセラニブと他の薬剤を併用しても大丈夫なのか?
  • トセラニブは、いつまで投与し続ければいいのか?
  • 猫にも使用できるのか?

これらのよくある悩みも、山﨑先生のわかりやすい説明で解決することができます。今回の教材から先生が得られるメリットをまとめると…

明日から即戦力!分子標的治療マスター

DVD3枚組】(収録時間合計:135分)
明日から即戦力! 分子標的治療マスター

セミナーで使用したレジュメを
プレゼントいたします

冊子


DVDに収録された山﨑先生の講義がまとめられた、セミナー資料を冊子にしてお渡しいたします。DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。


「本当に、納得いく内容なのか?
思われた先生へ60日間全額
返金保証をお付けします

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない…」「内容を理解できるか不安だ…」「期待にそえる、教材なのか?」など、こう思われた場合もご安心ください。

なぜなら、DVD教材の内容にご納得できなければ返金させていただくからです。60日間、じっくりとDVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。

送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。返金保証が付いている、獣医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。

安心60日間完全満足保証

明日から即戦力!分子標的治療マスター
明日から即戦力!分子標的治療マスターDVD

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD3枚組+レジュメ冊子(82ページ)(計135分)
  • レジュメ冊子
教材内訳
  • 3セクション(計135分)
  • レジュメ冊子(PDFダウンロード形式)
販売価格 39,980円(税込43,978円) 価格 販売価格 39,980円(税込43,978円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。

つまり先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。今回のDVD教材を手に入れるうえで、先生に一切のリスクはありません。

ただし、注意点があります。この価格(DVDリリースキャンペーン価格)での販売は、1月31日まで。2月1日以降は、定価の39,980円に戻ります。

DVDの在庫(初回限定70セット)には限りがありますので、ご興味を持たれた先生は、今すぐお申し込みください。

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD3枚組+レジュメ冊子(82ページ)(計135分)
  • レジュメ冊子
教材内訳
  • 3セクション(計135分)
  • レジュメ冊子(PDFダウンロード形式)
販売価格 39,980円(税込43,978円) 価格 販売価格 39,980円(税込43,978円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。