小動物歯科の権威、開業獣医師歴69年の山縣純次先生が初公開!教科書には載ってない「小動物歯科」の基礎と失敗しない「歯牙再植」を学びたい先生は、もう他にいませんか?

山縣 純次先生
山縣 純次先生
開業獣医師歴69年。1952年に獣医師免許取得後、翌年、山口県山陽町に開業。主に畜産動物の診療に携わったのち、1963年に小動物専門の「山縣獣医科病院」を開設。小動物歯科の分野においてパイオニア的存在であり、30年間に4,000例以上の歯牙移植、再植の臨床をおこなう。88歳となる現在も臨床の現場に立ち続けている。

獣医学博士
下関市開業獣医師 会長
下関市動物愛護推進協議会長
名陵中学校教育後援会長

●経歴
1931年  山口県に生まれる
1952年  山口県獣医畜産専門学校(現山口大学獣医学科)卒業
1953年  山口県山陽町で開業
1963年  山口県下関市に山縣獣医科病院 開設、現在に至る
1971年  日本小動物獣医師会(当時全小協)の創立発起人として参画し、
常任理事、理事、事業部長、動物看護師委員会委員長、
副会長(獣医事部長兼任)
1979年  麻布獣医畜産大学(現在麻布大学)において獣医学博士号を取得
2001年  社団法人日本獣医師会理事

「88歳の現役獣医師
若い先生へ伝えたいこと…

先生は、山縣純次先生をご存じですか?

山口県下関市にある、「山縣獣医科病院」の院長を務める獣医師の先生です。今から67年前、イギリスのエリザベス女王が即位した1952年に獣医師となった山縣先生。今年88歳になりますが、今も変わらず臨床の現場に立ち続けている獣医療の重鎮です。

日本小動物獣医師会の創立発起人として参画し、常任理事、理事、事業部長、動物看護師委員会委員長、副会長などのポストを務められました。

先生の獣医療における貢献は大きく、山口県獣医師会長賞、中国地区連合獣医師会長賞、日本獣医師会長賞、下関市功労者表彰などを受賞されています。

今回、その山縣先生から、これからの獣医療でますます重要になる診療科目について教えていただけることになりました。その科目とは…

犬や猫などの「小動物の歯科」です

先生もご存じのとおり、日本はこれから超高齢化社会へ入ると言われています。

しかしこの問題は、人間に限ったお話ではありません。獣医療の発達や飼育の質の向上により、犬猫も人と同じように長寿化する傾向が見られるようになりました。

今、その平均寿命は15~16歳とも言われています。この数字は20年前に比べると、3倍以上も伸びているそうです。

つまり、これから先の時代は、どんどん高齢の小動物が増えるということ。それにともない、獣医師の先生には、高齢の小動物に多い疾患である「歯科口腔疾患」への対応が求められます。

近年は、全国的に歯科に対する認識も高まってきていますので、もしかすると先生も、他の疾患と同じように歯科に力を入れているかもしれません。

山縣先生は早い段階から小動物の歯科医療に取り組み、歯科口腔科臨床、歯科形成外科臨床の分野において60年近く研究を続けている第一人者です。しかし、最初から歯科に興味があったわけではありません。

彼が歯科に興味を持ったのは、「ある衝撃的なできごと」がキッカケでした。

激しい複雑骨折と呼吸困難
出血多量で来院した犬

山縣先生が獣医師になって10年ほど経った、1965年のある日のこと。

交通事故にあった1歳のコリー犬が来院しました。運び込まれたコリー犬の状態は、見るに堪えないものでした。2本の前足の完全骨折とともに、顎骨の激しい複雑骨折。顔はグシャグシャに砕けた状態だったのです。

その上、呼吸困難と出血多量で、生命の維持すら危ぶまれる状況です。コリー犬を見た誰もが、「もう助からないだろう」と思いました。

しかし、山縣先生の懸命の応急処置とコリー犬の驚くべき生命力により、何とか一命をとりとめることができたのです。

その生命力に感動した山縣先生の心には、「複雑骨折で潰れてしまった顔面を、どうにかして元通りに整復してあげたい」という熱い思いがこみ上げてきました。でも…

絶望的な状況の犬に
どうやって治療するか…?

山縣先生は悩みました。コリー犬の下顎は、3分された形で骨折しており、上顎骨は一部挫滅状態にありました。

さらに左側上顎犬歯は脱臼脱落し、わずかに歯肉組織でつながり反転して口腔内に残っている状況です。左側第1前臼歯および第2前臼歯にいたっても、脱臼して脱落寸前で動揺していました。山縣先生は、まず下顎骨の整復し、皮膚と歯肉を縫合しました。

また、脱落した犬歯はリンゲル液で十分に清浄し、抗生物質を散布。その後、脱落歯槽窩に嵌入整復保持し、歯周粘膜を強く引き寄せて縫合し固定しました。第1前臼歯および第2前臼歯も同じ方法で整復縫合固定し、とりあえずの手術は完了です。

あとは、コリー犬の回復を祈るしかありません。山縣先生は施術当時、どのような経過をたどるのか、まったく不明で予測もできなかったと言います。

コリー犬は、どうなったのか…?

4~5日が経過したころ、コリー犬に変化があらわれました。犬歯および第1、第2前臼歯は脱落することなく無事に癒着したのです。

また、10日が経過したころには歯肉部の剥離創もほぼ癒着し、1ヵ月が過ぎたことには顎骨骨折も治癒するという回復ぶりを見せました。

山縣先生が何よりも驚いたのは、整復嵌入した歯牙でした。脱臼脱落した歯牙は、整復嵌入したその位置にキレイにとどまり、まったく動揺することもなければ色さえも変わっていなかったのです。

その後、整復嵌入された歯牙は3歯とも3年経っても動揺することなく、咬合に耐えました。

歯科医療の研究がライフワークに…

コリー犬の治療により、初めての歯牙再植を経験することになった山縣先生。彼は、この治療に大きな驚きと感動を覚えたと言います。このできごとがキッカケとなり、それからは歯科医療の研究がライフワークになります。

山縣先生は、臨床研究のために80~100頭もの実験犬を飼育し、毎日、毎日歯牙移植をおこないました。その臨床数は、30年で4,000例を超えます。

その地道な研究と実験の積みかさねにより、失敗のない歯牙再植の技術と小動物歯科の膨大な知識を身につけたのです。そして、長い年月を経てたどりついた境地が…

「口は健康のもと」

3歳以上の犬の約80%は、歯周病を持っていると言われています。さらに高齢になるにつれて、歯周病の発症リスクはどんどん高くなります。問題はそれだけではありません。犬の歯周病は他の動物よりも進行が早く、いろいろな疾患の原因にもなるのです。

たとえば、歯周病の痛みから起こる食欲不振もそのひとつ。歯周病の進行がひどい場合には、下顎骨が骨折することもあります。他にも、漏れだした歯周病菌が心臓や腎臓などにまで悪影響を与えることもめずらしくありません。

だからこそ、山縣先生は…

「診療時には、必ず口の中を診察すること」

これを徹底して欲しいと言います。先生も日々の診療で感じているとおり、小動物の診療において「口腔内疾患」というのはとても大きな比率を占めます。そしてこの先、口腔内疾患の動物の来院数はさらに増えることが予想されています。

だからこそ、皮膚病や下痢など、一見すると歯科とは関係のない他の疾患で来院した場合にも、必ず口の中を開けて歯石、歯垢、粘膜、炎症などの問題を観察し、何か問題があれば飼い主さんに伝えてあげることが大切になるのです。

それが、口腔内疾患の早期発見、治療になるだけでなく、口腔内疾患を原因とするさまざまな病気の発見にもつながるからです。

そして今回、小動物の歯科をもっと専門的に学びたい先生のために…

教科書には載っていない
小動物歯科学の基礎と臨床」

今回、小動物の歯科における第一人者である山縣先生から、歯科医療の基礎と臨床について詳しく教えていただきました。

約130分のDVDでは、山縣先生の約60年に渡る研究と臨床による小動物の歯科医療のノウハウをわかりやすいセミナー形式でお伝えします。

すでに歯科分野を学ばれている先生なら、もしかすると基礎の内容はご存じかもしれません。しかし今回の教材には、教科書には載っていない経験から生みだされたノウハウもたくさん収録されています。

その内容を少しだけお見せしましょう。

・小動物歯科の基礎

歯科の基礎となる犬の頭部の解剖からご説明します
“歯科の基礎となる犬の頭部の解剖からご説明します”

・歯科におけるレントゲン撮影法

6種類のレントゲン撮影法をわかりやすくご説明します
“6種類のレントゲン撮影法をわかりやすくご説明します”

・歯科医療に使用する器具



“診療、検査、治療に使用する手用器具と電子器具を解説します”

・口腔内検査のやり方

5つの検査すべきポイントと注意点をご説明します
“5つの検査すべきポイントと注意点をご説明します”

・顎骨骨折の治療法

顎骨骨折の治療を適切におこなう方法をご説明します
“顎骨骨折の治療を適切におこなう方法をご説明します”

・歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク

歯周病の原因となるプラークと、その種類について詳しく解説します
“歯周病の原因となるプラークと、その種類について詳しく解説します”

・歯周病の進行プロセス

歯周病がどのように進行するのか、詳しくご説明します
“歯周病がどのように進行するのか、詳しくご説明します”

・小動物における歯周病リスク

歯周病が与える動物の体への影響をわかりやすくご説明します
“歯周病が与える動物の体への影響をわかりやすくご説明します”

・歯周病評価のための検査法

歯周病の検査におけるポイントと注意点を解説します
“歯周病の検査におけるポイントと注意点を解説します”

・歯牙の再生治療法

エナメル質の再生や歯槽骨の再生方法をご説明します
“エナメル質の再生や歯槽骨の再生方法をご説明します”

・歯牙の再移植

脱臼脱落した歯牙を再生する方法を詳しくご説明します
“脱臼脱落した歯牙を再生する方法を詳しくご説明します”

今、ご紹介したのは、今回、先生が学べる内容のほんの一部です。これだけでも、充実した教材であることがおわかりいただけたと思いますが、以下にさらに詳しい収録内容をご紹介しましょう。

今日からできる!ウサギのわかりやすい診断治療のテクニック

DVD3枚組】(収録時間合計:127分)
小動物歯科の基礎と臨床

セミナーで使用した
レジュメをプレゼントいたします

今回は、山縣先生の「小動物の歯科の基礎と臨床」をわかりやすく学んでいただくため、セミナーで使用したレジュメをプレゼントいたします。

冊子

DVDに収録された山縣先生の講義がまとめられた、冊子をお渡しいたします。DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。


「本当に、納得いく内容なのか?
思われた先生へ60日間全額
返金保証をお付けします

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない…」「内容を理解できるか不安だ…」「期待にそえる、教材なのか?」など、こう思われた場合もご安心ください。

なぜなら、DVD教材の内容にご納得できなければ返金させていただくからです。60日間、じっくりとDVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。

送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。返金保証が付いている、獣医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。

安心60日間完全満足保証

小動物歯科学 基礎と臨床
小動物歯科学 基礎と臨床DVD
[price]
6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。

つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。今回のDVD教材を手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、注意点があります。この価格(DVDリリースキャンペーン価格)での販売は、8月18日まで。8月19日以降は、定価の39,980円に戻ります。

DVDの在庫(初回限定70セット)には限りがありますので、ご興味を持たれた先生は、今すぐお申し込みください。

[price]