救える生命をもっと増やしたい先生へ…なぜ、この救急医のアプローチは一次診療施設で救える生命を劇的に増やせるのか?

こんな先生にオススメです

1秒を争うこんな場面で
適切な対応ができますか?

獣医療の現場では、1分1秒を争う救急対応が必要な場面があります。たとえば、肺や胸腔、気道などの異常による「急性呼吸器疾患」はそのひとつです。

慢性の呼吸器疾患であれば、基本的にゆっくりと進行します。最後には呼吸が苦しくなりますが、ゆっくりと進行するため、「どう治療するか」を考える時間があります。

しかし、急性呼吸器疾患はそうはいきません。特に新規発症の患者は突然呼吸が苦しくなり、急に命を落とす危険もあるため、1分1秒を争う救急対応が求められます。

これは救急医に限った話ではありません。重症の急性呼吸器疾患で来院する患者はたくさんいますので、一次診療施設にも適切な対応が求められているのですが…

酸素室の前で見守るだけで良いのか?

目の前に救える生命があるのなら、どんなことをしてでも助けたい。きっと先生も、こう思い日々の診療をおこなっているはずです。しかし、肺水腫や肺炎などの重症症例が来院したとき。

患者を前に何をして良いのかまったくわからず、ただ酸素室を見守っている自分に歯がゆさを感じたことのある獣医師はたくさんいます。

そして、「急性呼吸器疾患のアプローチを知っていれば生命を救えたかもしれない」と、悔しさに涙を流す。

もしかすると、先生も過去に似たような経験があるかもしれません。一次診療施設では、まず最初に「この子が苦しんでいる原因は何だろう?」「まずはその原因を検査しなくては」と考え、薬剤投与や無理な検査を優先するケースがみられます。

その結果、手遅れになってしまうことも少なくありません。急性呼吸器疾患のアプローチで最優先すべきは、「生命の危険があるかどうか」を探ること。

呼吸を苦しくしている原因の究明は、それからでも遅くはないのです。このように、「まず何をすべきか」を知っているだけでも、救える生命はもっと増やせるのですが…

今後重要性を増す治療アプローチ

獣医療の治療アプローチの中には、ヒト医療でエビデンスのある方法を応用したものがたくさんあります。

たとえば、ヒト医療では当たり前におこなわれている超音波検査やがん、心臓病、腎臓病の治療アプローチ、緩和ケアなどは、ヒト医療のノウハウが獣医療に応用されています。

では、人工呼吸管理はどうでしょうか? ヒト医療では急性呼吸器疾患の患者に対し、当たり前のように人工呼吸管理がおこなわれています。

新型コロナウイルスの重症患者に対しても、人工呼吸器やECMOなどの人工肺を用いて治療をおこなっています。

人工呼吸器管理はヒトの治療に必要不可欠と言える状況ですが、獣医療においては、まだ十分に浸透しているとは言えません。

生存率を3.3倍以上アップできる そうなんですか?

獣医救急で人工呼吸が必要となる病態は大きく4つあります。それは、①心肺停止 ②呼吸器疾患 ③頭蓋内疾患 ④外科手術の4つです。

ヒト医療では、人工呼吸を含む心肺蘇生トレーニングが普及した結果、普及前は約6%だった救命率が20%以上にまで向上しました。ちなみにTRVA 夜間救急動物医療センターのデータだと死亡率は約半分になったという実績があります。

獣医療においても、適切なアプローチができれば救命率の向上は確実であり、それだけ重要度の高い治療法であると言えます。

とは言え、心肺停止や急性呼吸器疾患は患者の生死に直結するため、人工呼吸器を導入したからといって気軽にチャレンジできるものではありません。

経験も大事になりますが、まずは正しいアプローチや知識を学ぶことが重要になります。では、1分1秒を争う現場で、どうすれば適切な対応ができるのか?

今回、一次診療施設でもできる急性呼吸器疾患のアプローチを教えてくれる講師は、TRVA 夜間救急動物医療センターの副院長を務める塗木先生です。

塗木 貴臣先生
塗木 貴臣先生
獣医師歴11年。東京にあるTRVA 夜間救急動物医療センター副院長を務める。呼吸困難で苦しんでいる動物をただ酸素室の前で見守るしかできなかった経験から、人工呼吸管理の重要性を痛感し、救急医療の道を志す。現在は一次診療施設でも可能な救急医のアプローチを伝えるべく、セミナーや講演活動にも注力している。

■学会・セミナー等
学会:日本獣医麻酔外科学会、日本獣医救急集中治療学会、日本獣医内科学アカデミー、動物臨床医学会、FASAVA(JBVP)
セミナー:SARS(小動物呼吸器疾患研究グループ)、日本獣医輸血研究会、その他メーカー主催セミナー、獣医師会主催、地域の勉強会や動物病院など

あれっ?と思ったとき
最優先でやるべきこととは?

救急で来院した動物を診て、「あれっ?」と思ったとき。何よりも最優先ですべき大事なことがあります。

患者は高齢のチワワで、「立てない」という主訴で来院しました。ハアハアと苦しそうに呼吸をしていて、意識もあまりない状態です。

このようなとき、どんな思考を働かせ、臨床的なアプローチをおこなうかが、患者の生命を救う重要なポイントになります。

まず、最初に何をすべきか?

患者を見て、「何かおかしい」「これは危なそうだ」と思ったとき。救急医が考えていることは、たった2つです。

それは、

① 生死に関わる異常があるかどうか
② どうやって安定化させるか

この2点です。

たとえば、患者の呼吸が苦しそうなら、酸素投与による安定化を考えます。また、血圧が下がっているのなら、すぐに点滴を開始します。このように、スピーディーな患者ごとの重症度判定と安定化が重要になるのですが…

どうやって生死に関わる
異常を確認するのか?

ひと言で「生死に関わる異常」と言っても、その種類はさまざまです。そのため確認の順番を間違えてしまうと症状が悪化し、手遅れになる可能性もあります。

そのような事態を防ぐため、救急患者に対する診療では、「ABCDアプローチ」と呼ばれる手順が用いられます。

これは、生命を脅かすリスクの高い異常を迅速に発見する手順を示したもので、

① 呼吸 (Airway、Breath)
② 循環 (Circulation)
③ 脳神経 (Dysfunction of CNS)
④ その他 (泌尿器、中毒、体温異常など)

これらの頭文字を取ったものになります。

ABCDアプローチに則って診療をおこなう上で重要なのは、必ずこの順番で診ていくこと。なぜならABCDの4つの中でも、急性呼吸器疾患がもっとも短時間で死に至るリスクが高いからです。

ABCDのいずれかに異常が認められた場合は、すぐに安定化をおこないます。

救急のアプローチでは生命の危険があるかどうかを最優先で探り、それから原因のアプローチをおこなうことが絶対のルールです。

どの患者に人工呼吸管理を
すれば良いのか?

生命維持のため、急性呼吸器疾患の確認が重要なのはお伝えしたとおりです。

もし、患者が心肺停止しているのであれば、すぐに人工呼吸管理を含めた心肺蘇生が必要になります。ですが、一般的には酸素室での内科管理からスタートすることが多いと思います。

では、症例に変化があったり、状況が悪化した場合。このままICUで治療を進めるのか、または人工呼吸に変更するのか? その判断は、どのようにすれば良いのでしょうか?

自発呼吸で生命維持できない3つのケース

人工呼吸は、自発呼吸では生命維持が困難な患者に対しておこないます。

自発呼吸で生命維持ができないケースとは、

① 換気ができない(二酸化炭素が吐きだせない)
② 酸素化ができない(身体に酸素が入ってこない)
③ ショック状態(循環がうまくまわらない)

これらが代表的な所見となります。

何らかの原因疾患により特に呼吸機能の低下がみられ、酸素室では管理できない場合は人工呼吸管理が必要になりますが…

人工呼吸管理の導入から
抜管までわかりやすく学べます

今回、「救急医療における人工呼吸管理」を詳しく学べる映像教材を先生にお渡しする準備が整いました。

映像では、急性呼吸器疾患の基本から人工呼吸管理の導入、維持、離脱(ウィーニング)、抜管それぞれのステップが、実際の症例とともにわかりやすく学べます。

救急のアプローチですが、収録されている内容はすべて一次診療施設で実践できるアプローチですので、ご安心ください。おそらくすべては難しいかと思いますが…

「救える生命を増やしたい」と真剣に考えるなら、必ずご満足いただける内容であることをお約束します。

ぜひ先生も、救急医である塗木先生のアプローチを学んでください。そうすれば、

救急医療における人工呼吸管理

急性呼吸器疾患へのアプローチ

人工呼吸管理の基本(総論編)

人工呼吸管理の基本(導入~維持期編)

人工呼吸管理の基本(維持期~抜管編)

推薦文

「一般診療と救急と集中治療の違いがわかる内容」

「いま目の前にある消えそうな命を救いたい」、そう願い救命に尽力することは医の原点であり、それこそが救急医療である。そして、専門性・分野に関わらず生きている動物を取り扱う我々にとって、救急医療は全ての獣医師が身につけるべきスキルではないだろうか。現在、日本の動物救急医療は、夜間救急動物診療施設を中心に知識や経験が積み重ねられてきた。近年、獣医療の発展に伴い、専門分野の確立が進み、高度医療が求められるようになってきている。そして、多くの外科手術が行われると同時に、術後の献身的な治療が要求される集中治療分野も徐々に発展してきている。

この映像教材では、救急・集中治療分野で最も多く遭遇し、かつ迅速な対応が要求される呼吸困難症例の初期評価から安定化、そして人工呼吸などの集中治療にわたり、必要な知識とスキルをエビデンスベースで分かりやすく、詳細に説明されています。特に、日本トップレベルの動物救急医療現場であるTRVA 夜間救急動物医療センターの副院長塗木貴臣先生が普段診療している実際の目線から、動物を観察し、何を読み取っているのかを動画を多く使って解説していただいています。特に、救急現場における呼吸困難症例では、検査による動物へのストレスにより状態が急変することもあり、身体検査で必要最小限の検査で診断まで最短ルートを導いていくスキルはぜひ皆様に見ていただきたい内容になっています。また、人工呼吸が必要になる症例の見極めから、人工呼吸の目的と管理まで、これから集中治療に挑戦したいという先生には最適な映像教材になることは間違いないと思います。

札幌夜間動物病院 院長/日本獣医救急集中治療学会 理事長
川瀬広大 先生
「何でも挿管して管理ではなく、どのような利点欠点があるのか理解が大切」

急性呼吸器疾患患者が来院したとき、皆さんはどのように対応をしていますか?ほとんど何もできずに悔しい思いをした経験はありませんでしょうか。このDVDではそのような患者が来院したときの見極め、初期対応、安定化について詳しく説明されています。

また、人工呼吸についてもその適応、詳細なコツなどもお話されています。聴けば聴くほど人工呼吸は奥が深く、専門の先生方にお任せしようと思いましたが、患者に勧める立場の我々も、何でも挿管して管理ではなくどのような利点欠点があるのか理解が大切です。

現在日本の救急現場、特に呼吸器疾患においてトップランナーである塗木先生が講演されています。ぜひ明日からの診療に役立て、多くの急性呼吸器疾患患者の対応に役立てて頂けたらと思います。

日本獣医生命科学大学 獣医放射線学研究室
藤原亜紀 先生

今すぐお申し込みの先生に
限り明日から役立つ
2大特典をプレゼント

① セミナーで使用したレジュメ

冊子

DVDに収録された塗木先生の講義がまとめられた、セミナーレジュメをお渡しいたします。DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。


② 急性呼吸器疾患の予後観察映像


もうひとつの特典は、TRVA 夜間救急動物医療センターで実際に急性呼吸器疾患の治療をおこなった症例についてのお話です。人工呼吸管理をおこなった患者に対する臨床的思考を見ることができます。またスペシャルゲストとしてTRVA 夜間救急動物医療センター院長を務めてらっしゃいます中村篤史先生に登場していただき対談形式となっています。これら映像は、教材購入者のみインターネットで閲覧できます。

本当に納得いく内容なのか?
思われた先生へ60日間
返金保証をお付けします
(ネット配信版は対象外)

「もしかしたら、もう知っている内容ばかりかもしれない…」「内容を理解できるか不安だ…」「期待にそえる教材なのか?」など、思われた場合もご安心ください。

なぜなら、DVD教材の内容に、ご納得できなければ返金させていただくからです。60日間、じっくりと、DVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。

送料も、返金振込料も、弊社が負担させていただきます。返金保証が付いている、獣医師向け教材なんて、ほとんどありません。これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。

安心60日間完全満足保証

犬のリンパ腫診療アップデート2021

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD4枚組(計164分)
  • レジュメ冊子(118ページ)+特典映像(Web配信)
教材内訳
  • 4セクション(計164分)
  • レジュメ冊子(PDFダウンロード)・特典VOD映像
販売価格 44,980円(税込49,478円) 価格 販売価格 44,980円(税込49,478円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。

つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。(ネット配信版は対象外)

今回のDVD教材を手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、初回在庫(DVD版)には限りがあるのでご注意ください。この価格(リリースキャンペーン価格)での販売は、2月28日までとなります。3月1日以降は、定価の44,980円に戻ります。

ご興味を持たれましたら、初回在庫(70セット)がなくなる前に今すぐお申込みください。

視聴方法を選べます

いつもの安心
DVDでお届け
  すぐに見られる
ネット配信
 
FAX申込みはコチラ(代引のみ) ※クレジット決済のみ
  • DVD4枚組(計164分)
  • レジュメ冊子(118ページ)+特典映像(Web配信)
教材内訳
  • 4セクション(計164分)
  • レジュメ冊子(PDFダウンロード)・特典VOD映像
販売価格 44,980円(税込49,478円) 価格 販売価格 44,980円(税込49,478円)
あり(購入後60日間) 返金保証 商品特性上なし
  • 送料・代引手数料無料
  • 最短翌営業日出荷
特記事項
  • いつでもどこでも視聴可能
  • PC、タブレット、スマホ対応
  • 視聴期間制限なし
  • ネット接続必須
  • 購入後、専用閲覧ページをご案内

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

※クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

※安心の暗号化通信を採用しています。
この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、グローバルサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。