メール会員様限定


“半額”キャンペーンのご案内は4月30日(土)まで

「犬の緑内障治療で、点眼薬を使用する先生へ」実は、点眼薬の組合せ方で効果が期待できないどころか副作用リスクが高まることもあります アジア獣医眼科創立認定医から、犬の緑内障における基礎知識、診断、治療法がオールインワンで学べます

生もご存じのとおり、犬の緑内障は失明になるリスクがあります。

目の見えない犬の世話は飼い主さんに大きな負担を強いることになりますし、犬にとっても、日々の生活から大きな自由を奪うことになります。動物と飼い主さんの幸せな生活を守る意味でも、緑内障は非常に注意すべき疾患のひとつと言えるでしょう。

ですが、犬の緑内障の場合、学校で学べることには限りがあります。セミナーや専門書も少なく、緑内障を深く学べる機会は多くありません。このため、多くの獣医師が、診断・治療法について曖昧な点を持ちながらも、全力で臨床にあたっている現実があります。

たとえば、緑内障の点眼薬治療で、先生は、こんな事実を知っていますか?

もし、単剤でそれほどの効果が
得られなかったら?

アジア獣医眼科創立認定医の加藤先生はおっしゃいました。

加藤久美子
もし、1種類の点眼薬で充分な眼圧下降が得られなかったら、他の点眼薬との併用を検討した方が良い。でも、組合せには注意が必要です。

加藤先生は、国内外で、犬の緑内障治療を長きにわたって研究、臨床してきた緑内障治療のスペシャリスト。

そんな加藤先生によると、1種類の点眼薬で充分な眼圧下降が得られなかったら、他の点眼薬との併用を検討した方が良いとのこと…。点眼薬の回数を増やすのではありません。より最小限の点眼で、最大の効果を得るために、このような発想が必要なのです。

しかし、早合点は禁物。複数の点眼薬の併用にはメリットもデメリットもあるのです。

点眼薬の組み合わせ方で
副作用リスクが高まるケースも…

加藤先生は、長きにわたって犬の緑内障治療を研究し、点眼薬の併用についても、綿密な調査を重ねてきました。その結果わかったのが、点眼薬の組み合わせ方次第で、治療効果が良くなることもあれば、その逆もあるということ。

実は、点眼薬の組み合わせ方次第で、効果が期待できないだけではなく、副作用リスクが高まることもあるのです。副作用のなかには、結膜充血、視力低下、目のかゆみなど、さまざまなものがあります。治療が原因で、動物にさらなる問題を発生させてしまうのです。

つまり、適切に緑内障を治療するなら、各点眼薬の詳細だけではなく、他の点眼薬との相性についても、深く理解しておく必要があります。

ちなみに、2017年時点での緑内障点眼薬は、作用機序にわけると下記の5つ。適切な点眼薬治療をするには、下記5つの分野における各点眼薬の特徴だけではなく、他の点眼薬との組み合わせも理解しなければならないのです。

  1. 交感神経系房水産生抑制薬
  2. 炭酸脱水酵素系房水産生 抑制薬
  3. 主流出路房水流出促進薬
  4. 副流出路房水流出促進薬
  5. 複数の作用機序を持つ薬

正直にお答えください。先生は、これまでの緑内障治療で使用した点眼薬について、その特徴を100%理解できていると言い切れるでしょうか?他点眼薬との組み合わせについて、どれだけのことをご存じでしょうか?

しかし、これは緑内障治療において
一番重要なことではない

加藤先生はおっしゃいました。

緑内障治療において何よりも重要なのは、早期発見と早期治療であると…。点眼薬治療や外科治療も重要ですが、それは対処療法のひとつにすぎません。

早期発見・早期治療を実践するためにも、先生は、犬の緑内障治療において、さらに専門的な知識を学ぶ必要があります。これは、いち早く異常に気づき、適切な診断をくだすためだけではなく、早期発見、早期治療の重要性を飼い主さんへ教育するためにも必要です。

動物の全身を診なければならない先生にとって、今から緑内障治療を専門的に学ぶことは、かなりハードルの高い取り組みではないでしょうか?

ご安心ください。今回、加藤先生を講師におむかえし、犬の緑内障治療における知識、診断、治療法がオールインワンで学べるセミナーDVDを制作しました。

アジア獣医眼科創立認定医 加藤久美子

加藤久美子
【略歴】
・1995年 NYのAnimal Medical Centerに短期留学。眼科専門医のAlexandra van der Woerdt DVM, MS, ACVO, ECVOのもとで獣医眼科を学ぶ。
・1999年 東京大学大学院生命科学研究科高度医療研究室に所属し、博士号を取得する目的で、東京大学付属動物医療センターの眼科専門医として、研究、診療を行う。
・2007年に日本の柴犬における隅角形態異常と原発性緑内障の多発に関する研究で、博士号を取得し、2012年まで大学に所属。
・国内にいる間の土曜日、日曜日は、埼玉県の「くみ動物病院」にて、眼科診療を行う。
【論文・共著】
  1. K. Kato and A. van der Woerdt. Effect of Long-Term Topical Application of 0.005% Latanoprost Effects on Intraocular Pressure in Uncontrollable by Multiple or Single Drug Therapy in Dogs with Secondary Glaucoma. Journal of Veterinary Science & Medical Diagnosis. (2017); 6:1 DOI: 10.4172/2325-9590.1000223
  2. K. Kato and A. van der Woerdt. Primary Glaucoma and Long- Term Topical Application of 0.005% Latanoprost Effects on Intraocular Pressure in Uncontrollable used Multidrug Medications or Single used in Dogs. Journal of Veterinary Science & Medical Diagnosis. (2015); 171 DOI: 10.4172/2325-9590.1000171
  3. K. Kato Comparison of two handheld applanation tonometers and the association of central corneal thickness, age, and intraocular pressure in normal and diseased canine eyes. Vet Ophthalmol. (2014); 17(6): 417-25
  4. K. Kato, N. Sasaki, B.S. Shastry. Retinal ganglion cell (RGC) death in glaucomatous beagles is not associated with mutations in p53 and NTF4 genes Veterinary Ophthalmology. (2012); 15: 8-12.
  5. K. Kato, A. Kamida, N. Sasaki, B.S. Shastry. Evaluation of the CYP1B1 gene as a candidate gene in beagles with primary open-angle glaucoma (POAG). Molecular Vision (2009); 15:2470-2474
  6. K. Kato, N. Sasaki, K. N. Gelatt, E. O. MacKay B. S. Shastry. Autosomal recessive primary open angle glaucoma (POAG) in beagles is not associated with mutations in the myocilin (MYOC) gene. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol (2009); 247:1435?1436. l DOI 10.1007/s00417-009-1053-2
  7. Kato K, Sasaki N, Matsunaga S, Nishimura R, and Ogawa H. Cloning of canine myocilin cDNA and molecular analysis of the myocilin gene in Shiba Inu dogs. Veterinary Ophthalmology. (2007); 10(Supplement 1): 53-62.
  8. Kato K, Sasaki N, Matsunaga S, Nishimura R, and Ogawa H. Incidence of canine glaucoma with goniodysplasia in Japan: a retrospective study. Journal of Veterinary Medical Science. (2006); 68(8): 853-858.
  9. Kato K, Sasaki N, Matsunaga S. Mochizuki M, Nishimura R, and Ogawa H. Possible association of glaucoma with pectinate ligament dysplasia and narrowing of the iridocorneal angle in Shiba Inu dogs in Japan. Veterinary Ophthalmology. (2006); 9(2): 71-75.
  10. Kumiko Kato, Ryohei Nishimura, Nobuo Sasaki, Satoru Matsunaga, Manabu Mochizuki, Hiroyuki Ogawa. Magnetic Resonance Imaging of a Canine Eye with Melanoma. J. Vet. Med. Sci.: (2005); 67(2): 179-182.
  11. Keiko Miyadera, Kumiko Kato, Jesus Aguirre-Hernandez, Tsuyoshi Tokuriki, Kyohei Morimoto, Claudia Busse, Keith Barnett, Nigel Holmes, Hiroyuki Ogawa, Nobuo Sasaki, Cathryn S. Mellersh, David R. Sargan. Phenotypic variation and genotype-phenotype discordance in canine cone-rod dystrophy with an RPGRIP1 mutation. Molecular Vision (2009); 15:2287-2305
  12. 三輪恭嗣、藤田 淳、加藤久美子、内田和幸、中山裕之、佐々木伸雄 眼球突出を伴ったフェレットの眼窩内腺癌の1例 日本獣医師会雑誌 2009;62(8):641-644.
  13. Yasutsugu Miwa, Satoru Matsunaga, Kumiko Kato, Hiroyuki Ogawa, Hiroyuki Nakayama, Saori Tsujimoto, Nobuo Sasaki; Choroidal Melanoma in a dog. J. Vet. Med Sci. 2005; 67(8): 821-823.
  14. Kazuya Edamura, Kumiko Kato, Matsunaga Satoru, Hiroyuki Ogawa; Syringomyelia in twenty-one dogs diagnosed by MRI. J. Jpn. Vet. Neurol. 2001
【口頭発表】
  1. K kato. Comparison of two handheld applanation tonometers and the association of central corneal thickness, age, and intraocular pressure in normal and diseased canine eyes. 2014/04 London ECVO
  2. 緑内障病理生態 2012/08東京 眼科カンファレンス
  3. Study of candidate genes for primary glaucoma in canines.
    K Kato.
    Asia Society of Veterinary Ophthalmology. 2012/7/20 @ Aichi, Japan
  4. Study of the relationship between candidate genes for primary glaucoma in canines.
    K Kato.
    BIT’s 3rd Annual World, DNA and Genome day. 2012/4/28 @ Xi’an, China
  5. 柴犬の閉鎖隅角緑内障 比較眼科学会シンポジウム in 内科アカデミー 2010/2/14 
    新宿、東京
  6. Glaucoma associated with pectinate ligament dysplasia and narrowing of
    iridocorneal angle of the Shiba inu in Japan.
    K Kato, S Matsunaga, M Mochizuki, Nishimura, N Sasaki, H Ogawa.
    ACVO 34th Annual Conference 2003/10/25 @Idaho, USA.
  7. 柴犬における隅角形態と緑内障の関連性(2)
    加藤久美子,松永悟,望月学,西村亮平,佐々木伸雄,小川博之
    第136回日本獣医学会学術集会 2003/10/04 @ホテル青森
  8. イソフルランおよびプロフォールのイヌ網膜電位図(ERG)に対する影響
    加藤久美子,西村亮平,押野茂,佐野忠士,松永悟,望月学,佐々木伸雄,小川博之
    第66回獣医麻酔外科学会 2003/06/22 @きゅりあん
  9. 黒毛和種牛に発生した先天性眼球異常
    加藤久美子,小川博之(東大),棚原武毅(沖縄畜試),国枝哲夫(岡山大),
    長谷川貴史,内田和幸(宮崎大)
    平成14年度 家畜衛生向上対策事業(農林水産省)生産性向上飼養管理技術の開発第二回全体会議 2003/02/14 @山上会館
  10. 眼科検査の流れについて(神経-眼科学検査からみた眼球とは)
    加藤久美子
    平成14年度保健衛生指導マニュアル普及推進研修会 2003/01/19 @東大VMC
  11. シーズーに認められた網膜剥離の17例
    加藤久美子,松永悟,望月学,西村亮平,佐々木伸雄,小川博之
    平成14年度関東地区獣医師大会 2002/09/12 @ラフォーレ清水園
  12. 神経眼科検査(オーソドックスな神経病学:小川博之教育講演)
    加藤久美子 
    第18回獣医神経病学研究会 2002/06/16 @日本獣医畜産大学
  13. 犬の脳疾患49症例における眼科検査所見
    加藤久美子,松永悟,望月学,松木直章,西村亮平,佐々木伸雄,
    小川博之
    第133回日本獣医学会 2002/03/30 @専修大学
  14. MRI所見から三叉神経鞘腫が疑われた神経節後性ホーナー症候群の犬の1例
    加藤久美子,三輪恭嗣,望月学,枝村一弥,松永悟,小川博之
    第16回獣医神経病研究会 2001/06/24 @日本獣医畜産大学
【発表・共著】
  1. エキゾチック臨床 Vol.15 モルモットの診療 三輪泰嗣、林典子 学窓社(2016)
    第10章 眼科疾患 167-178 執筆
  2. ARCH Animal wellness Relationship Communication Hospitality 01 (2014)/10  
    ファームプレス 犬猫の緑内障 柴犬の緑内障 44-53 執筆
  3. Kato K, Nakagawai T. and Mochizuki M.
    LOCUS JX306093 3312 bp mRNA linear MAM 06-OCT-2012
    DEFINITION Canis lupus familiaris ADAM metallopeptidase with thrombospondi
    type 1 motif 10 transcript variant 1 (ADAMTS10) mRNA, complete cds.
    ACCESSION JX306093
    Submitted National Center for Biotechnology Information (NCBI) (12-JUL-2012)
  4. Kato K, Sasaki N. and Shastry BS.
    LOCUS HM068511 672 bp mRNA linear MAM 15-JUN-2010 DEFINITION Canis lupus familiaris neurotrophin 4 (NTF4) mRNA, complete cds. ACCESSION HM068511
    Submitted National Center for Biotechnology Information (NCBI) (08-APR-2010)
  5. Kato K, Kamida A, Sasaki N. and Shastry BS.
    LOCUS FJ824086 1986 bp mRNA linear MAM 10-NOV-2010
    DEFINITION Canis lupus familiaris cytochrome P450 family 1 subfamily B
    polypeptide 1 (CYP1B1) mRNA, complete cds.
    ACCESSION FJ824086
    Submitted National Center for Biotechnology Information (NCBI) (12-MAR-2009)
  6. SurGeon Technical Magazine for Veterinary Surgeons Vol13 (1) 73
    インターズー(2009)緑内障の病態と診断 6-20 執筆
  7. Kato K, Sasaki N, Matsunaga S, Nishimura R and Ogawa H.
    LOCUS DQ303878 1452 bp mRNA linear MAM 28-AUG-2008
    DEFINITION Canis lupus familiaris myocilin mRNA, complete cds.
    ACCESSION DQ303878
    Submitted National Center for Biotechnology Information (NCBI) (24-NOV-2005)
  8. 第三眼瞼に発生した腺癌の犬の2例
    文元泰俊,本池俊仁,加藤久美子,望月 学,西村亮平,佐々木伸雄
    2009/6 獣医麻酔外科学会
  9. ウサギの先天性緑内障に対してラタノプロストおよびニプラジロールの併用で治療した一例
    青島大吾,筒井孝太郎,三輪恭嗣,加藤久美子,佐々木伸雄 2009/2 内科アカデミー
  10. 犬の脈絡膜原発性悪性黒色腫の一例
    三輪恭嗣,松永悟,加藤久美子,辻本早織,小川博之 
    第67回獣医麻酔外科学会 2003/09/21 @帯広大
  11. 頭蓋内クモ膜嚢胞と診断した犬の11症例
    徳力剛,松永悟,加藤久美子,小川博之
    第20回獣医神経病研究会 2003/07/27 @大宮ラフォーレ清水園
  12. 犬の頭蓋咽頭腫の1例
    藤原玲奈,西村亮平,加藤久美子,塩谷香織,白川希,望月学,佐々木伸雄
    第66回獣医麻酔外科学会 2003/06/21 @きゅりあん
  13. リソソーム蓄積病(Sandhoff病)の猫の1例
    高田佳寿子,松永悟,加藤久美子,高橋賢次,大和修,上塚浩司,小川博之
    第33回日本獣医画像診断学会 2003/06/21 @きゅりあん
  14. 眼球外筋炎が疑われたイヌの一例
    宮川恵美子,加藤久美子,中島亘,徳力剛,増田健一,大野耕一,
    小川博之,辻本元
    日本獣医臨床病理学会2003年大会(比較眼科学会臨床部会)2003/02/23 
    @池袋サンシャインシティ文化会館2階
  15. 若齢ミニチュアダックスの椎間板脊椎炎の2例
    河村晴次,松永悟,加藤久美子,枝村一弥,小川博之
    第19回獣医神経病研究会 2002/12/15 @京都タワーホテル
  16. 退形成性星細胞腫と診断されたイヌの1例
    藤田直己,石村志都,加藤久美子,枝村一弥,松永悟,高橋朋子,兼島孝,小川博之
    第18回獣医神経病研究会 2002/06/16 @日本獣医畜産大学
  17. 脊髄リンパ腫と診断したネコの6例
    久保純,枝村一弥,加藤久美子,松永悟,小川博之
    第18回獣医神経病研究会 2002/06/16 @日本獣医畜産大学
  18. 顔面麻痺を呈したCavalie King Charles Spanielの9症例
    浅川幸子,藤田直己,枝村一弥,加藤久美子,松永悟,小川博之
    第17回獣医神経病研究会 2001/12/16 @京都タワーホテル 京都
  19. MRIとCSF検査より肉芽腫性髄膜脳炎が疑われた犬の一例
    藤田直己,枝村一弥,吉村彰,加藤久美子,松永悟,小川博之
    第17回獣医神経病研究会 2001/12/16 @京都タワーホテル 京都
  20. 外傷性角膜潰瘍の治療中に発生した角膜穿孔に対し角強膜転移術を用いた猫の一例
    室谷大介,荒井義晴,望月学,加藤久美子,西村亮平,佐々木伸雄
    第63回獣医麻酔外科学会 2001/12/01 @アジア太平洋トレードセンター 大阪
  21. 犬におけるブドウ膜メラノーマのMRI像 
    吉村彰,西村亮平,加藤久美子,中山裕之 桑島正晃
    第29回日本獣医画像診断学会 2001/07/21 同時開催 第62回獣医麻酔外科学会
    @品川 きゅりあん
  22. MRIにて脊髄空洞症と診断したイヌの11例
    枝村一弥,松永悟,召田幸雄,藤田直己,久保純,加藤久美子,小川博之
    第16回獣医神経病研究会 2001/06/24 @日本獣医畜産大学
【ポスター・共著】
  1. 柴犬における隅角形態と緑内障との関連性
    加藤久美子,松永悟,望月学,西村亮平,佐々木伸雄,小川博之
    第134回日本獣医学会学術集会 2001/09/21 @岐阜大学 岐阜
  2. 骨欠損を伴う骨癒合不全に対して骨補填剤(β-TCP)と骨形成蛋白(BMP)を適応した
    猫の一例
    渋谷直子,加藤久美子,西村亮平,望月学,佐々木伸雄
    第63回獣医麻酔外科学会 2001/12/01 @アジア太平洋トレードセンター 大阪

すべて、加藤先生が地道な研究で
明らかにした、他では学べない内容です

加藤先生がアメリカで緑内障を研究していたころは、柴犬の緑内障は多くないと言われていました。しかし、日本に帰国すると、多くの柴犬が緑内障にかかっていることがわかります。そして、その理由について誰も知らない状態だったので、加藤先生は柴犬の緑内障を研究し始めました。

そのころは、眼科検査が浸透しておらず、専門医といってもレベルが一定ではないため、加藤先生は、ゼロから研究をスタートしました。

言うまでもなく、研究の道のりは平たんではありません。加藤先生は、研究のために日本各地へ出向き、無償で眼科検査を行い、採血してデータを集め続けました。自分でDNAを集め、繰り返し検査と分析を繰り返してきたのです。

今回のセミナーDVDから学べる、犬の緑内障治療法は、そんな加藤先生が膨大な時間と情熱を注ぎ込んでたどりついた、他では学べない内容です。

犬の緑内障治療において
曖昧な点がスッキリ解消します

今回のセミナーDVDでは、犬の緑内障治療における、知識、診断、治療法がオールインワンで学べます。しかも、各知識と技術は、経験の浅い獣医師でも、その内容をすぐに理解できるほど、わかりやすくまとめられています。

たとえば、点眼薬の組み合わせ方で治療効果が良くなることもあれば、その逆もあるという話をさきほどいたしました。本来ならば、点眼薬の組み合わせ方を理解するには、膨大な知識を脳にインプットしなければなりません。

しかし、加藤先生がまとめた下記の図の意味を正しく理解すれば、先生は、複数の点眼薬を使い、もっと良い緑内障治療が提供できるようになります。

相関図

これは、各点眼薬の相性を一目で理解できる図です。デスクの中に入れておけば、日常臨床で、すぐにご活用いただけるでしょう。

他にはどのような内容が収録されているのか?セミナーDVDの内容を一部ご紹介すると…

「早期対策!犬の緑内障戦略」

アジア獣医眼科創立認定医から、犬の緑内障における
基礎知識、診断、治療法がオールインワンで学べます

DVDイメージ
“Disc4枚 合計収録時間252分 60日間返金保証付き”

基礎編

診断編

治療編

薬物治療

外科治療

早期対策

セミナーレジュメをプレゼント

セミナーレジュメ

DVDに収録された加藤先生の講義がまとめられた、セミナーレジュメをお渡しいたします。

DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。

さらに、点眼薬相関図シートをプレゼント

セミナーレジュメ

DVDの中で、加藤先生が紹介した、10タイプの点眼薬の最適な組み合わせ、禁忌な組み合わせがひと目で分かる相関図シート(カラー)をプレゼントします。

デスクの中に入れておけば、日常臨床で、すぐにご活用いただけるでしょう。

もっと多くの動物を救いたい先生へ

先生が獣医師を続ける以上、犬の緑内障は避けてとおれない病気です。

しかし、緑内障を専門的に学べる機会は多くありません。多くの先生が、全力で臨床に取り組みますが、自らの知識に曖昧な点を持ち、不安を抱えていらっしゃいます。

ご安心ください。今回のセミナーDVDでは、犬の緑内障における知識、診断、治療がオールインワンで学べるので、まずは、すべてを視聴して、曖昧な点をスッキリ解消してください。

そして、緑内障を早期発見できるようになり、失明という最悪のリスクを1件でも減らせるよう努めませんか?もちろん、点眼治療などの対処療法についても、正しい知識が学べるので、その内容は明日の治療から使用できます。

メール会員様限定“半額”キャンペーンこの価格での販売は、4月30日まで。ただし注意点があります。

弊社では今まで、教材をDVDでお渡ししていましたが、近い将来、VOD(ビデオ・オン・デマンド)での配信に切り替えることを視野にいれています。

そのため今回、前代未聞の特別価格“半額”でDVD教材をご提供いたします。

ただし、条件が2点ございます。

1、60日間返金保証は対象外

2、DVD在庫がなくなり次第終了(追加生産はありません)

また、この価格(DVD半額キャンペーン価格)での販売は、4月30日まで。

5月1日以降は、定価の43,978円(税込)に戻ります。

DVDの在庫には限りがありますので、ご興味を持たれましたら今すぐお申し込みください。

通常価格 39,980円+税 ⇒
特別価格 19,990円(税込21,989円)

※特別は価格のご案内は4月30日23時59分まで

このDVDには、
返金保証がついていませんので、ご注意ください。

「提案広がる!循環器と多臓器連関DVD」お申し込み

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け
ボタン
ボタン