なぜ、猫の腎臓病で早期発見、早期治療、延命が可能になるのか?2017年から発売されている猫の腎不全の新薬“ラプロス”についても詳しく学べます JBVP会長石田卓夫が教える猫の腎臓病セミナーDVD 大好評だった石田先生の「猫の内科学セミナーDVD」はこの9作目で最後となります

20%OFFは1月31日(月)まで

先生は、猫の腎臓病で
こんなお話を知っていますか?

  • 猫の腎臓病を早期発見するにはSDMAが有効
  • 代償期の治療で、進行を遅らせることは可能
  • 腎不全から代償期に押し戻す治療法がある
  • 最近の研究では、慢性腎臓病の発生率が急上昇している
  • 12歳以上で発症率28%、15歳以上で発症率30%は古いデータ
  • ラプロスは尿細管間質性腎炎の進行防止が期待できる

これらは、今回が最後となる石田先生の猫の内科学DVD(腎臓病編)で学べる内容の一部。

少しでも気になる内容があれば、このまま続きをお読みください。

「あぁ、慢性腎不全だ」
「もう死んじゃうでしょ」

猫の慢性腎臓病に遭遇すると、多くの獣医師がこのように悩みます。

猫の慢性腎臓病は完治はできない病気です。しかし腎臓病と腎不全は同じではないのです。

腎臓は、半分が機能しなくなっても、みてわかる症状をだすことはなく、早期発見も難しい…臨床症状がではじめた段階で、かなり腎臓の機能が低下していることがほとんどです。それゆえ、予防も難しく「百合の花を食べさせない」ことぐらいしか、考えられません。

つまり、猫の腎臓病は「治らない」「早期発見が難しい」「予防が難しい」疾患。

猫の腎臓病に遭遇した多くの獣医師が、「慢性腎不全」と考えて困り果てるのは当然かもしれません。しかし、この猫の腎臓病は、多くの動物病院にとって今後、ますます避けられないものです。

たとえば、先生は、こんなお話を知っていますか?

猫の腎臓病は増え続けている

そもそも、猫は腎臓病になりやすい動物ということは、先生もご存じのことでしょう。

猫のルーツは砂漠地帯。そのため、水分を身体から逃がさないために猫の腎臓は非常によく働きます。また、猫の食べ物は高タンパクのため、そのタンパクを分解した代謝産物に対して、猫の腎臓は活発な働きを求められます。

そんな猫ですが、昔の平均寿命は4歳ぐらいのため、腎臓病で死ぬケースは少なかったように思います。しかし、今では、猫の平均寿命は12~16歳。20歳を超えて生きる猫もいます。

この長期間、腎臓が過酷に働き続けることが、どれだけ大変かはご想像のとおり。

このような時代背景もあり、近年のデータでは、老齢の猫の80%が腎臓病を持っていると言われるようになりました。

来院患者における腎臓病の頻度
(※石田先生のセミナーより)

来院患者における腎臓病の頻度

猫の腎臓病に遭遇したとき
獣医師として何ができるのか?

猫の腎臓病は「治らない」「早期発見が難しい」「予防が難しい」疾患。しかし、今後ますます、猫の腎臓病に遭遇するケースが増えることは、火を見るよりも明らかです。

猫の腎臓病に遭遇したとき、先生は獣医師として、どのような対応をすればよいのか? もし、その答えが「獣医師としてできることは、すべてやりたい」と思うならば、今回のお話しは見逃せません。

なぜなら、本来であれば難しいと考えられていた下記について、詳しく学べるセミナーDVDを、新たに制作したからです。

  • 猫の腎臓病における最新情報
  • 猫の腎臓病を早期発見する方法
  • 猫の腎臓病へ早期に対処し、延命させる治療法

講師はもちろん、猫の診療でトップレベルの知名度を誇る、JBVP会長の「石田卓夫」先生。

石田卓夫

石田卓夫
・一般社団法人日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)会長
・日本獣医がん学会(JVCS)会長
・ねこ医学会(JSFM)会長
・赤坂動物病院医療ディレクター
・日本獣医病理学専門家協会認定病理医

【略歴】
1973年
・国際基督教大学教養学部卒
1976年
・日本獣医畜産大学獣医学科卒
1981年
・東京大学大学院農学系研究科博士課程修了
1981-1982年
・東京大学医科学研究所助手
1982-1985年
・カリフォルニア大学デイビス校獣医外科腫瘍学研究員
1985-1998年
・日本獣医畜産大学獣医学科臨床病理学講師・助教授
1998年- 現在
・赤坂動物病院医療ディレクター
・日本獣医病理学専門家協会認定病理医
・一般社団法人日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)会長
2009-2013年
・公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)会長
2013年- 現在
・日本獣医がん学会(JVCS)会長
2014年- 現在
・ねこ医学会(JSFM)会長
【専門分野】
・獣医臨床病理学
・獣医ウイルス学
・獣医免疫学
・獣医腫瘍学
【研究分野】
・犬と猫のリンパ腫の診断と治療
・猫のウイルス感染症の診断、治療、予防
・免疫療法,再生医療
【著書の一部】
著書1
著書2
著書3
著書4
著書5

過去8作品との違いは?

過去8作品では下記のタイトルでDVDを制作しております。

  1. 「猫のウイルス感染症」
  2. 「猫のリンパ腫」
  3. 「猫の血液学」
  4. 「リンパ腫以外の猫の腫瘍」
  5. 「猫の肝疾患」
  6. 「猫の糖尿病」
  7. 「猫の消化器疾患」
  8. 「猫の内分泌疾患」

今回の最新DVDでは、「猫の腎臓病」に関する知識と技術が学べます。

各病気の詳細や最新情報だけではなく、検査や診断、治療法についても具体的な知識、技術が学べる実践的なDVDのため、明日からの臨床に役立つことは言うまでもありません。

今後、猫の腎臓病に遭遇するケースは増え続けますが、このセミナーDVDさえ持っておけば安心です。

さらに、この最新DVDでは、猫の腎臓病だけではなく、近年増えている猫の下部尿路疾患(膀胱の問題・腎結石の問題)についても詳しく学べます。

新薬の「ラプロス」についても
詳しく学べます

2017年1月に「ラプロス」の承認がおり、すでに販売されていることは、先生もご存じでしょう。

「ラプロス」は、猫の腎不全に対する新薬であり、多くの獣医師が注目しています。なぜなら、このような効果が予測されているからです。

ラプロス使用により予想される効果
  • 血管内皮細胞の保護
    → 毛細血管減少の抑制
  • 血管拡張作用
    → 炎症による血管収縮を抑制
  • 炎症性サイトカインの抑制
    → 血栓形成予防
  • 抗炎症作用,血流増加により
    → 間質線維化進行の防止
    → 間質の虚血の防止
    → 尿細管間質性腎炎の進行防止

しかし、新薬のためラプロスの詳しい使い方について、あいまいな点が多いのも事実。この最新DVDでは、「ラプロス」の詳細や使用法についても、石田先生から詳しく解説していただきました。

最後のセミナーDVD

これまで、私たち医療情報研究所は、石田先生を講師にお迎えして、合計8作のセミナーDVDを制作してきました。

毎回多くの反響をいただいてきましたが、石田先生の「猫の内科学シリーズ」は今回が最後。

猫の腎臓病について詳しく学べる機会は多くありませんし、石田先生はとても有名。

今回もたくさんのお申込みが予測されます。在庫がなくなるまえに、今すぐ下記よりDVDで学べる内容をチェックして、お申込みください。

今回で最後
石田卓夫のセミナーDVD
「猫の腎疾患マスター」

DVDイメージ
“Disc4枚 合計収録時間307分 60日間返金保証付き”

腎臓に関するスクリーニング

腎機能に関する検査

急性腎障害

急性腎障害の治療

慢性腎臓病

慢性腎臓病の治療

最後だから2つの特典をプレゼント

特典① フルカラー冊子
セミナーレジュメ

DVDに収録された石田先生の講義がまとめられた、セミナーレジュメをお渡しいたします。

DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。

そして、気になる個所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけます。

特典② DVD収納BOX
DVD収納BOX

本作を含め、これまでにリリースされた石田先生の「猫の内科学DVD」が収納できるBOXをプレゼントいたします。

真の増患とは何か?

今回が最終となる石田先生の「猫の内科学シリーズ」ですが、制作するにあたって、石田先生から大切なことを教えていただきました。

それは「真の増患」について。石田先生が、このようなテーマを語ることはほとんどありません。

現在、多くの動物病院が来院数の減少に悩みはじめていますが、この問題を解決するために、何かの策を講じて新患を増やすことは適切なのか? その答えは、人によって異なると思いますが、考えて欲しいことがあります。

今後、ペットの飼育頭数が激減する未来がやってくるかもしれません。そうなったとき、1件でも新患を増やすのではなく、1年でも長く来院し続けてもらう戦略が優位になると思いませんか?

この戦略は、表面上のビジネステクニックでどうにかなるものではありません。飼い主さん、動物のQOL向上を真剣に考え、誰よりも親切に診療し、地域のみなさまと厚い信頼関係を築くからこそ成り立つ戦略です。

猫の腎臓病は、多くの動物病院であきらめられてしまう疾患のひとつ。ぜひ、石田先生から猫の腎疾患の対応を学び、今まで以上に動物の健康と飼い主さんの安心、幸せを目指した診療を目指しませんか?

先生に一切のリスクはありません
安心の60日間返金保証付き

今回のDVD教材を購入していただく上で、先生にリスクはありません。

なぜなら、DVD教材の内容にご納得いただかなければ返金させていただくからです。60日間、じっくりと、DVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。

送料も、返金振込料も、当社が負担させていただきます。

返金保証が付いている、獣医師向け教材なんて、ほとんどありません。

これは、当社がリリースするDVDへの自信そのものです。


安心の60日間返金保証

石田先生の「猫の内科学シリーズ」は今回が最後!
在庫がなくなる前に、お申込ください

先生もご存じのとおり、石田先生は、獣医師ならば誰もが知っているお方です。

前8作のDVDも、たくさんの方からお申込みいただきましたから、今回の新作DVDも、多くの獣医師からお申込みいただくでしょう。

また、学べる機会が少ない「猫の腎臓病」がテーマであり、さらに、猫の内科学シリーズ最後のDVDになるため、今まで以上のお申込みが予測できます。

DVDの在庫には限りがありますので、お申込みは今すぐ。

猫の腎疾患マスターDVD

通常価格 39,980円+税 ⇒
特別価格 31,980円(税込35,178円)

※1月31日23時59分まで

今なら60日間の全額返金保証付き!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

「猫のウイルス感染症マスターDVD」お申し込み

1月31日までの特別なお知らせです。
2月1日以降は通常価格になりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

追伸

今回の教材も、60日間返金保証がついています。

つまり、先生は、ご自身の選択が正しかったか、60日間かけて、じっくりと判断できます。今回のDVD教材を手に入れる上で、先生に一切のリスクはありません。

ただし、注意点があります。

先生もご存じのとおり、石田先生は、獣医師ならば誰もが知っているお方です。

前8作のDVDも、たくさんの方からお申込みいただきましたから、今回の新作DVDも、多くの獣医師からお申込みいただくでしょう。

また、学べる機会が少ない「猫の腎臓病」がテーマであり、さらに、猫の内科学シリーズ最後のDVDになるため、今まで以上のお申込みが予測できます。

DVDの在庫には限りがありますので、お申込みは今すぐ。

通常価格 39,980円+税 ⇒
特別価格 31,980円(税込35,178円)

※1月31日23時59分まで

今なら60日間の全額返金保証付き!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

「猫のウイルス感染症マスターDVD」お申し込み

1月31日までの特別なお知らせです。
2月1日以降は通常価格になりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。