※こちらは、2017年7月にリリースした教材です


オsペは完璧だったのに なぜか、?開してしまった… その原因が、スタッフにあるとしたら、 先生は見過ごせますか?

「わたしの病院は大丈夫だろう」と
思いましたか?

ならば、動物看護士や勤務医に、下記の質問をしてみてください。手術が終わったあとの器具洗浄についての質問です。

Q 「器具に付着した血液をアルコールで拭き取っているか?」
Q 「器具の洗浄を翌日にまわしたことはあるか?」
Q 「濡れたままの器具を高圧蒸気滅菌しているか?」

もし、どれか1つでも「はい」と答えたことがあるならば、先生の病院で働くスタッフは、外科器具の洗浄・消毒・滅菌について正しい知識があるとは言えません。つまり、今後、どれだけ先生が完璧にオペをしたとしても、感染のリスクがあるということです。

実は、こんなリスクがあります

「手術が終わった! 器具をアルコールでよく拭いておこう!」
⇒タンパク質が固着して、洗浄障害・滅菌不良を起こすリスクがある。
「手術が終わった! 遅いし、器具は明日洗浄しよう!」
⇒タンパク質が固着して、洗浄障害・滅菌不良を起こすリスクがある。
「器具やガーゼが濡れているけど、蒸気を使う滅菌だしいいか!」
⇒濡れている部分の温度は十分に上がらなく、滅菌も破綻しやすい。

「どうせ消毒・滅菌するんだから
洗浄にそこまで気をつかわなくても

と思いましたか? 実際、動物看護士だけではなく、経験の長い獣医師でさえ、「滅菌するから洗浄は適当で良い」という先生もいらっしゃいます。しかし、麻布大学外科学第一研究室の青木先生は、洗浄の重要性について、このように述べました。

消毒や滅菌をするからといって、
洗浄をおろそかにするのは良くありません。
麻布大学外科学第一研究室
青木卓磨先生

その理由はいくつかありますが、まず、正しく洗浄を行うと「100万個ある細菌を100個以下に落とす」ことが可能です。つまり、最初に洗浄をすると、器具表面にある細菌数を大幅に落とす効果が得られるのです。その後に滅菌することで、学術的に滅菌の定義とされているレベルまで細菌数を減少させることができるため、洗浄は無視できません。

また、器具に付着する有機物(タンパク質、脂質、血液、体液、微細組織片、骨片など)が存在していると、消毒・滅菌が不十分となる可能性が高いのも、洗浄が重要な理由のひとつ。

特に、器具に付着したタンパク質は無視できません。タンパク質は熱によって凝固します。つまり、洗浄でタンパク質をよく落とさず、EOG滅菌や高圧蒸気滅菌をすると、器具にタンパク質が蓄積し続けてしまうのです。

想像してみてください。タンパク質がこびりついた器具を、次回のオペに使用した場合を…。そのタンパク質は、動物の体内に入り込んでしまうわけです。これが、いかにリスクの高い行いなのか? 獣医師ならば想像にたやすいでしょう。さらに…

家庭用洗剤の利用も適切とは言えません。

と、青木先生はおっしゃいます。家庭用洗剤で器具を洗浄する動物病院も多いでしょう。家庭用洗剤の利用が100%悪いとは言いません。しかし、スタッフ全員が、正しい擦り洗い方法を理解し、実践できない場合は注意が必要です。

もし、スタッフが擦り洗いを正しくできていなければ、家庭用洗剤の場合、器具にタンパク質が残ってしまうのです。以下の画像は、酵素系浸漬洗浄剤と、家庭用洗剤で器具を除去したときの比較ですが、家庭用洗剤の場合、いかに、タンパク質が除去できないか一目瞭然でしょう。

(出典)「これで解決!洗浄・消毒・滅菌の基本と具体策」
2-4 家庭用(台所用)洗浄剤の医療用への転用(pp.37)
伏見 了、島崎 豊、吉田葉子 著 ヴァン メディカル社

さらに青木先生はおっしゃいます。

手洗いについてもスタッフに徹底させるべき!

オペ前、どの動物病院でも、手洗いを徹底していると思います。しかし、ほとんどの動物看護士が、学生時代に正しい手洗い方法を習得しないまま、動物病院で勤めはじめます。

若手勤務医においても、手洗い方法に詳しい人材は多くいません。つまり、手術前の手洗いについて、ほとんどのスタッフがアバウトな知識で取り組んでいるということですが、これは非常に危険です。

動物と触れ合うことが多いのは、獣医師ではなく動物看護士。動物看護士の手洗いが甘いと、どれだけ、先生のオペが優れていたとしても、感染リスクは否めません。オペは完璧にできたのに縫合が?開したり、インプラントが感染したり、最悪の場合、感染から死亡例につながることもあります。

また、診療や動物の世話の合間における手洗いがおろそかである場合、スタッフの皆さん自身がMRSAを保菌してしまう可能性もあるのです。

2006年の酪農学園大学の調査において、12%(14/120人)のスタッフにMRSAが確認されたことを報告しています。しかし、手洗い法を含めた正しい予防策を講じることで、2008年に9%、2009年には2%と減少したそうです。

酪農学園大学と同様に、地域の動物病院もMRSAが確認されるスタッフがいるかもしれません。ですが、手術時のみならず、普段からも正しい手洗い方法を浸透させることで、手術部位感染のリスクはもちろん、MRSAの保菌リスクも大幅に減少できるのです。

「では、器具の洗浄・消毒・滅菌や
手洗いなど、具体的に
何をどうすればよいか?」

今回、その答えが学べるセミナーDVDを制作しました。講師は、麻布大学外科学第一研究室 講師の「青木卓磨」先生。青木先生は、人医療の分野からも、無菌操作や器具の滅菌などを研究してきた実績を持ちます。

青木卓磨先生

青木卓磨先生
■プロフィール
2010年4月に麻布大学外科学第一研究室に助教として就任。附属動物病院では循環呼吸器科に属し、イヌとネコの様々な心疾患と呼吸疾患を診断・治療。一般の病院では診断、救命が困難な呼吸器、循環器疾患の症例を診ることが多く、臨床件数は1,000件以上。日本獣医循環器学会認定講習会の講師など、循環器の講師としても活動。胸部外科を専門とすることから感染防御に対して興味を持ち、人医療の分野からも無菌操作や器具の滅菌などを研究し、獣医療の分野においても実践してきた実績を持つ。

■所属と主な研究内容
所属:外科学第一研究室
研究内容:イヌにおける僧帽弁形成術、イヌ僧帽弁に対する振動場の影響、
イヌにおける細胞シートを用いた心筋再生医療
■担当科目
小動物臨床実習、小動物獣医外科実習、総合獣医学など

動物看護士や若手勤務医の
教育用教材としてご活用ください

先生であれば、すでに手洗いや器具の洗浄、滅菌の重要性はご存じでしょう。ですが、先生の病院で働く動物看護士や若手勤務医はどうでしょうか? 先生に言われたことを毎回100%正しく実践できているでしょうか?

忙しさを理由に、手洗いや洗浄、消毒、滅菌が雑になっているケースがあるかもしれません。今回のセミナーDVDは、スタッフへ正しい手洗い法、器具の洗浄・消毒・滅菌法をお伝えすることはもちろんですが、なぜ、それが重要なのかもよく理解できる内容です。

つまり、このセミナーDVDを動物看護士や若手勤務医へ視聴させれば、彼らに、正しい技術を習得させるだけではなく、「学んだ技術をしっかりと順守しなければならない!」という気持ちにさせることも可能です。

先生もご存じのとおり、動物と一番触れ合うことが多いのは動物看護士です。本来であれば、彼らは、手洗いについて誰よりも詳しく、真剣でなければなりません。しかし、彼らの多くは、手洗いの重要性や正しい方法をほとんど知らずに、現場で働きはじめます。

もちろん、器具の洗浄・消毒・滅菌についても同じ。ぜひ、今回のセミナーDVDをスタッフへ共有し、より安全な獣医療を目指していただければ幸いです。DVD収録内容の一部をご紹介すると…

知らなきゃ怖い 間違いだらけの
『洗浄・消毒・滅菌』

今すぐ、動物看護士に教えてあげたい間違いだらけの「洗浄・消毒・滅菌」
知らなきゃ怖い 間違いだらけの『洗浄・消毒・滅菌』

※こちらは、2017年7月にリリースした教材です

<サンプルムービーはこちらから…>

手術時の手洗い・無菌操作

再使用器材の洗浄/消毒/
滅菌と保管について

セミナーレジュメをプレゼント

冊子

DVDに収録された青木先生の講義がまとめられた、セミナーレジュメをお渡しいたします。DVDをじっくり視聴するお時間がなければ、まず、この冊子から先に目をとおしてください。そして、気になる箇所の映像から視聴していただければ、効率のよい学習が可能です。もちろん、復習用のテキストとしてもご活用いただけますし、スタッフ研修用のテキストとしてもご活用いただけます。


新しいスタッフが入るたびに
このセミナーDVDをご活用ください

スタッフの入れ替わりが多い動物病院の場合、スタッフ教育に時間がとられます。だからこそ、OJTを実施する病院も多いのですが、手洗いや洗浄、消毒、滅菌は、感染リスクに直結するため、しっかりとした研修の場を設け、スタッフを徹底教育したほうが良いでしょう。

つまり、先生の病院には「無菌操作におけるマニュアル」が求められるわけです。今回のセミナーDVDがあれば、そういった資料を作る必要はありません。

新しいスタッフが入るたびに、このセミナーDVDを視聴させれば、先生は、手洗いや洗浄、消毒、滅菌について正しい知識と技術、そして、それを実施すべき重要性をスタッフへ教育できます。


会員様限定!
DVD“半額”キャンペーンは
11月30日(水)まで!
ただし…注意点があります!

お世話になっております。医療情報研究所です。

かねてより、ご案内しておりますが…

弊社では近い将来、教材をDVDでの提供からVOD(ネット配信)での提供に切り替えることを視野にいれています。

それに伴い、いつもお世話になっている先生に特別な感謝を込めて、DVDを半額にてご提供します。

ただし、条件がございます。

1、超特別価格のため、60日間返金保証は対象外となります。

2、レジュメ冊子は、PDFデータでの提供になる場合がございます。

3、DVD在庫が無くなり次第キャンペーンは終了します。

また、この価格(DVD半額キャンペーン・11月後半)での販売は、11月30日まで。12月1日以降は、通常価格に戻ります。DVDの在庫には限りがありますので、ご興味を持たれましたら今すぐお申し込みください。

先生の日々の診療に、お役立ていただければ幸いです。今後とも、弊社をご愛顧くださいますよう何卒宜しくお願い致します。

↓↓↓お申し込みは以下のボタンをクリックしてお進みください↓↓↓

青木先生の「知らなきゃ怖い!間違いだらけの『洗浄・消毒・滅菌』(2017年リリース教材)」は上から6番目です。(半額でのご提供は、残り19個で終了です)

他の教材も合わせて、ぜひご覧ください。※教材の選び間違いにご注意ください。

お申し込み

※特別価格のご案内は11月30日23時59分まで

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

ボタン
ボタン